MSXとはMSXの事である

MSXとはMSXの事である 第27回「ディスクNG」

ナムコがMSX1向けにリリースしていたアーケードゲームからの移植タイトルをオムニバス形式にまとめてディスクでリリースしたのがディスクNGだ。「ディスクNG」とは本作においては「DISK NAMCOT GAME SERIES」の略であるが、おそらくはナムコが出していた…

MSXとはMSXの事である 第26回「コナミゲームコレクション」

MSXで精力的にタイトルを提供してきたコナミ。MSXにもディスクドライブが標準装備されるようになり、コナミはそれまで発売してきたゲームを複数収録した「コナミゲームコレクション」というシリーズをディスクメディアで展開していた。 コナミゲームコ…

MSXとはMSXの事である 第25回「アレスタ」

アレスタ(コナミ)1988年7月23日/MSX2/縦シューティング/6800円 当初はMSX向けにコンパイルが開発し、ポニーが販売した「ザナック」の続編を開発しようとしていたところ、コンパイルの自社ブランドとして「ザナック」の名称が使えないという事にな…

MSXとはMSXの事である 第24回「王家の谷 エルギーザの封印」

王家の谷 エルギーザの封印(コナミ)1988年8月27日/MSX2(MSX1)/アクションパズル/5800円 「ロードランナー」などガチでパズル頭を使わないと攻略困難なアクションパズルゲームの中で、MSXでしか遊べないコナミタイトルが「王家の谷 エルギーザ…

MSXとはMSXの事である 第23回「激突ペナントレース2」

激突ペナントレース2(コナミ)1989年8月30日/MSX2/野球/6300円 前作「THEプロ野球 激突ペナントレース」が発売された翌年に続編「激突ペナントレース2」が登場した。劇画調で野球選手が描かれた前作のパッケージとはうって変わって、ポップカルチャ…

MSXとはMSXの事である 第22回「THEプロ野球 激突ペナントレース」

THEプロ野球 激突ペナントレース(コナミ)1988年/MSX2/野球/5800円 1986年にファミコンでファミリースタジアムが登場し、ゲーム機で本格的に野球が体験できる時代が訪れ、各社が野球ゲームを開発するちょっとしたブームが訪れていた。そんな中でMSX…

MSXとはMSXの事である 第21回「ぺんぎんくんWARS2」

ぺんぎんくんWARS2(アスキー)1988年/MSX2/アクション/6800円 「ぺんぎんくんWARS」はアーケード向けに1985年6月14日にリリースされたUPLのアクションゲームだった。同じ年の11月にはMSXに、12月にはファミコンに移植された。俺様が最初に…

MSXとはMSXの事である 第20回「レプリカート 地下迷宮の謎」

レプリカート 地下迷宮の謎(ソニー)1987年/MSX2/アクション/5800円 俺様が本作「レプリカート」を初めてプレイしたのは88版だった。そのときは販売がタイトーからだったので、てっきりタイトーのアーケードゲームを移植したものかと思っていたが、…

MSXとはMSXの事である 第20回「ルパン三世 カリオストロの城」

ルパン三世 カリオストロの城(東宝)1987年/MSX2/アクション/6800円 宮崎駿が監督した傑作アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」。本作は映画の内容をもとにアクションゲーム化したMSX2向けタイトルである。映画は1979年に公開され、興行的には失敗し…

MSXとはMSXの事である 第19回「魔城伝説」

魔城伝説(コナミ)1986年3月/MSX1/縦シューティング/4800円 コナミと言えば、MSXに精力的にタイトルを出し続けた会社であり、時にはファミコンゲームを越えるポテンシャルを魅せるゲームも生み出し、MSXの価値はコナミによって一段上げられてい…

MSXとはMSXの事である 第18回「伊賀忍法帖 満月城の戦い」

伊賀忍法帖 満月城の戦い(カシオ計算機)1986年/MSX1/アクション/4800円 ファミコンには参戦しなかった計算機で有名なカシオだが、MSX本体の低価格機を出していた関係で、ゲームソフトも販売していた。 統一されたパッケージでナンバリングされてお…

MSXとはMSXの事である 第17回「ファミクル パロディック」

ファミクル パロディック(ビッツー)1988年/MSX2/シューティング/6800円 MSXで「パロディウス ~タコは地球を救う~」が発売されたのは1988年4月28日。「ゲームの中で他のゲームのパロディをする」という手法の面白さを提案した最初期のゲームであ…

MSXとはMSXの事である 第16回「ぶた丸パンツ」

ぶた丸パンツ(HAL研究所)1983年/MSX/アクション/4800円 MSXが販売された初期。MSXオリジナル作品として「ぶた丸パンツ」はHAL研究所から誕生した。 主人公は豚の「ぶた丸」。主人公の上空に浮かぶ雲の上には「雷のパンツ君」。パンツ君は…

MSXとはMSXの事である 第15回「クォース」

クォース(コナミ)1990年/MSX2/シューティングパズル/5800円 1989年にコナミからアーケード向けに異色なシューティングパズルが登場した。それが「クォース」である。俺様はこの「クォース」が大好きだった。そんな「クォース」が初めて家庭用に移植さ…

MSXとはMSXの事である 第14回「スペースマンボウ」

スペースマンボウ(コナミ)1989年/MSX2/シューティング/6800円 当時、コナミのシューティングは一目置かれていた。その卓越した表現力とスペックを超える技術力。シューティングの最前線を体感するにはコナミのシューティングをプレイせよ。特にサイド…

MSXとはMSXの事である 第13回「モンモンモンスター」

モンモンモンスター(GA夢/HOT-B)1989年/MSX2/アクション/6800円 フランケンシュタイン博士の生み出した怪物「フランケン」。そのフランケンを操作して全4ステージを進むサイドビューアクション。画面切り替え式。 パンチとジャンプのベーシックな…

MSXとはMSXの事である 第12回「ゴジラくん」

ゴジラくん(東宝)1985年/MSX1/アクションバズル/4800円 このゲームはゴジラのゲーム化ではない。ゴジラをデフォルメしてキャラクター展開した「ゴジランド」のゲーム化である。(「すすめ!ゴジランド」という幼児向けOVAも存在する) 我が家には「ゴ…

MSXとはMSXの事である 第11回「ゴジラvs3大怪獣」

ゴジラvs3大怪獣(バンダイ)1984年/MSX1/アクション/4800円 1984年と言えば、9年ぶりに「ゴジラ」が劇場映画として復活した年であった。いわゆる平成ゴジラシリーズの幕開けである。東宝はこれに合わせてゲーム商品を投入して盛り上げようとしたのだ…

MSXとはMSXの事である 第10回「キング&バルーン」

キング&バルーン(ナムコ)1984年2月/MSX1/シューティング/4500円 1980年にアーケードに登場した「キング&バルーン」は大好きなゲームの一つ。1997年に「ナムコミュージアムアンコール」にアーケード版が収録されるまで家で「キング&バルーン」が遊…

MSXとはMSXの事である 第9回「ハイパースポーツシリーズ」

明日の2020年7月24日。本来であれば本日は東京オリンピックが開幕しているはずであった。しかし新型コロナウィルスの猛威によってオリンピックは延期。だが、俺様の中のオリンピック魂はそんな事では静まらない。1人オリンピック開幕のときが来た! そういう…

MSXとはMSXの事である 第8回「沙羅曼蛇」

沙羅曼蛇(コナミ)1987年/MSX1/シューティング/6800円 第2回でMSX版のグラディウスは「MSXでしか体感できない味付けの違うグラディウス」だった事を書いたが、そこからMSX独自の「グラディウス」の続編が生まれた。それが「グラディウス2(…

MSXとはMSXの事である 第7回「ラスタンサーガ」

ラスタンサーガ(タイトー)1988年/MSX2/アクション/5800円 ~ストーリー~神の支配を受けていた頃、人々の生活は荒んでいた。掠奪、殺戮が日常茶飯事に起こり、又、そうしなければ生きてゆくのが難しい時代だった。ラスタンも例外ではなかったが、勇敢…

MSXとはMSXの事である 第6回「ゼビウス ファードラウト伝説」

ゼビウス ファードラウト伝説(ナムコ)1989年/MSX2/縦シューティング/6800円 MSX2用のゲームで開発はコンパイル。 アーケード版を移植した「RECON」モードと、続編となる「SCRAMBLE」モードがある。 すでに様々な機種に移植されているゼビウス。や…

MSXとはMSXの事である 第5回「ボルフェスと5人の悪魔」

ボルフェスと5人の悪魔(クリスタルソフト)1987年/MSX1/アクションパズル/5800円 「夢幻の心臓」を生み出した富一成さんがゲームデザインとプログラムを手掛けた唯一のMSXタイトルが本作だ。 魔法使いのボルフェスを操作し、トップビューの切り替…

MSXとはMSXの事である 第4回「火の鳥 鳳凰編」

火の鳥 鳳凰編(コナミ)1987年4月5日/MSX2/縦シューティング/5800円 手塚治虫原作の劇場映画の版権を使ったタイトル。操作する主人公・我王が心の中の悪と戦うという設定で、映画の内容とはほぼほぼ関係無い。 強制縦スクロールのシューティングゲーム…

MSXとはMSXの事である 第3回「パロディウス ~タコは地球を救う~」

パロディウス ~タコは地球を救う~(コナミ)1988年4月28日/MSX1用/シューティング/4980円 同社の名作『グラディウス』シリーズのスピンオフ作品としてMSXで登場。開発期間1ヵ月で「社員がストレス発散用に作ったソフト」だったらしい。 わては、…

MSXとはMSXの事である 第2回「グラディウス」

グラディウス(コナミ)1986年7月25日/MSX1用/シューティング/4980円 発売当時はMSX界隈で話題になるほどに良い移植だったらしいが、俺様がMSXを手に入れた頃には既に古いソフトになっていたため、MSX版をそれほど神格化はしていない。既にフ…

MSXとはMSXの事である 第1回「俺様とMSX」

MSXとは…!? 【ホビーパソコンとしての産声】MSXの歴史を語るブログはいくらでもありそうなので、ここでは歴史に関してはざっと流して当時の印象とか体験した事を中心に語っていこう。 当時、子供だった俺様には、パソコンというと“とても高価なもの”…