カレー番長への道 ~望郷編~ 第283回「初代」

今日は恵比寿「初代」でカレー修行だ。

f:id:g16:20210421180422p:plain

ここは「白いカレーうどん」が有名で、
テレビや雑誌で何度も取り上げられている有名店である。
開店時間は11時30分。
10分前に到着した。
俺様は一番乗りだったが、数分の間に俺様のうしろに6組ほど並んだ。
あぶねー。
店内に案内される。
店内はそれほど広くなく、ひようたんのような曲線を描いた壁がおしゃれだ。
俺様はカウンターに座りメニューを見る。
ま、白いカレーうどんを食べるわけだが、
ここは他にも蕎麦やうどん、そしてツマミ系が色々とメニューに並んでいる。
俺様は店員さんに「白いカレーうどんを注文。
大盛りはできるかどうか聞いたけど、出来ないようだった。
辛さが「普通」と「辛口」から選択。俺様は「普通」にした。
期間限定で「生トマトの炊き込みご飯」がついてくるようだ。
20分ぐらい待ってカレーがやってきた。

f:id:g16:20210421180621p:plain

これはインパクト絶大。
丼はクリーム状になったジャガイモのムースに覆われている。
「よく混ぜてからお召し上がりください」とのこと。
混ぜるとカレーの色がムースに絡まってくる。
そして中にはうどんの存在を確認。

f:id:g16:20210421180705p:plain

そして口に入れると広がるクリィーミー感!
こいつは美味い!!
俺様はクリィーミーなカレーうどんに目が無いのよ。
このクリィーミーなスープが弾力のあるうどんに絡んでうまうま。
素晴らしい。
丼の中にはトロトロに煮込まれた牛肉も発見。
でもあんまり量は入ってないみたい。
そしてうどんを食べ切ったら、ごはんを残り汁に投入。

f:id:g16:20210421180800p:plain

クリィーミーな味わいにトマトの酸味が加わってまた違った顔を見せる。
あー、美味い♪
この追い飯が期間限定だなんていけずやわぁ~。

最後の一滴まで美味いカレーうどんだったぜ~。
本当は「うどん番長への道」として紹介しようと思ったけどね、
炊き込みご飯投入しした後もうどん同様に美味かったから、
これはカレー側のジャンルだと判断した。

ネオジオは100メガショックの夢を見るか?(50)「ファイターズヒストリーダイナマイト」

f:id:g16:20210420085921p:plain

ファイターズヒストリーダイナマイト
(データイースト)
1994.4.28発売/28000円/格闘
闘いのビッグネーム、いま新たなる舞台へ!

 

f:id:g16:20210420090003p:plain

「ストーリートファイターII」が生み出した格闘ゲームブーム。
ネオジオアーケードゲームがそのまま動く家庭用ハードという特性を活かして
格闘ゲームブームに乗っていった事はこれまでもお伝えしてきたが、
当然、ネオジオ以外でもこのブームの乗ろうという動きは
他のメーカーからも生まれていた。
そんなタイトルの一つにデータイーストの「ファイターズヒストリー」があった。
ファイターズヒストリー」がアーケードに登場したのは1993年3月。
ジャンプの人気漫画「魁!!男塾」の主人公、
剣桃太郎に類似したキャラクターである溝口誠が印象的なゲームだったが、
のちにボタン構成が「ストリートファイターII」と似ているという事で
カプコン社に訴訟される事件が起こり、違う意味で有名になった。
そんな「ファイターズヒストリー」の二作目を、
データイーストネオジオをプラットフォームに選んで続編をリリースした。
それが本作「ファイターズヒストリーダイナマイト」である。
データイーストとしてはネオジオ参戦第3弾であり、
ネオジオのメインジャンルである格闘ゲーム
自社の大本命タイトルをリリースするという
データイーストが勝負を賭けたタイトルであった。

 

f:id:g16:20210420090415p:plain

選択できるキャラクターは前作の9人に、柳 英美、ザジィ・ムハバの2人を加え、
前作でCPU専用だったクラウン、カルノフを加えた13人となっている。
キャラクターは全体的にアクが強く、好みがクッキリと分かれる。
(キャラが苦手だからやらないという人もいた)

全ての試合を無敗で勝ち進むと、最後に隠しキャラクターの「牛」と対戦する。
この「牛」は同社のアーケードゲーム「空手道」のキャラクターであるw
前作で訴訟を受けた際、データイースト
「そもそも対戦格闘ゲームの元祖はうちの『対戦空手道 青春美少女編』だもん!」
と反論しており、本作の「牛」登場は
訴訟トラブルへのアンチテーゼなのかも知れない(爆)

 

弱パンチ、強パンチ、弱キック、強キックというボタン構成。
(前作は6ボタン構成で中パンチと中キックが存在した)
前作のシステム的な特徴だった「弱点システム」は継承。
これはキャラごとに弱点が設定されており、
そこを3回攻撃すると気絶するというもの。
また、新システムとして弱攻撃を当てた直後に強攻撃をすると、
弱攻撃の隙をキャンセルできるという「ワンツー攻撃」が実装された。
また、全体的に前作よりもテンポやゲームスピードが増している。

CPUは必殺技とかをガンガン使って前へ前へ出てくる感じ。
CPUがあまりにアグレッシブ過ぎて、キャラクターの研究するヒマが無い。(^^;
必殺技での攻防を覚えるより、
効率の良い通常技で削る方を余儀無くされるゲームだった。
(※ヌルゲーマー個人の感想です)

 

鳴り物入りネオジオに登場した本作であるが、
他のネオジオ格闘ゲームよりも地味、CPUが強過ぎる、
と言った理由でそこまでのヒットにはならなかった。
俺様のまわりはネオジオユーザーが多く、
格闘ゲームの新作が発売されるたびにプレイ熱を帯びていたが、
本作は購入した者がおらず、当時ゲーセンで少しだけ遊んだ記憶しかない。
市場的にも思ったほどの成果は得られなかったのか、
続編はネオジオではなく、スーパーファミコンでのリリースとなった。

 

本作の海外タイトル名は「KARNOV'S REVENGE」。
前作でボスキャラとして登場したカルノフの逆襲ってわけだ。
海外でのカルノフ知名度が日本より高い事が伺える。

 

 

【選択キャラクター一覧】

f:id:g16:20210420092143p:plainレイ・マクドガル
アメリカ人。主人公なのに没個性(^^;

f:id:g16:20210420092156p:plain劉 飛鈴(リュウ・フェイリン)
中国人。京劇の女優で螳螂拳使い。

f:id:g16:20210420092213p:plain嘉納 亮子
道家田村亮子(及び「YAWARA!」の猪熊柔)をモデルにしている。
そのためワールドヒーローズ2」のリョウコと丸かぶりしており、
印象が打ち消されてしまっている不憫なキャラだ。

f:id:g16:20210420092228p:plainマットロック・ジェイド
イギリス人。ロックミュージシャン。

f:id:g16:20210420092240p:plainサムチャイ・トムヤンクン
タイ人。ムエタイ選手。
トムヤンクンてタイ語で「エビを煮て混ぜる」って意味だけどねw

f:id:g16:20210420092253p:plain李 典徳(リー・ディエンドウ)
中国人。八極拳使い。

f:id:g16:20210420092304p:plain溝口 誠
魁!!男塾」の主人公、剣桃太郎がモデル(?)
シリーズの顔とも言えるキャラクター。
「タイガーバズーカじゃ!」というボイスも有名。

f:id:g16:20210420092315p:plainジャン・ピエール
フランス人。体操選手。

f:id:g16:20210420092325p:plainマーストリウス
イタリア人。プロレスラー。ブルーザー・ブロディ系のワイルドな風貌。

f:id:g16:20210420092334p:plain柳 英美(リュウ・ヨンミー)
新規参戦キャラクター。韓国人。女テコンドー使い。

f:id:g16:20210420092347p:plainザジィ・ムハバ
新規参戦キャラクター。ケニア人。空手家。

f:id:g16:20210420092356p:plainクラウン
前作のCPU専用キャラから昇格。サーカス団長も務めるピエロ。ゲイ。

f:id:g16:20210420092404p:plainカルノフ
前作のCPU専用キャラから昇格。
1987年にデータイーストが開発したゲーム「カルノフ」の主人公。
ナムコ販売でファミコンにもリリースされていたから知っている人も多いだろう。
主人公なのに太ったハゲのおじさんというデコ色強めのキャラクターで、
前作の最終ボスとして採用され、本作ではついに操作キャラクターに。

川口周辺そば捜査網(5)

もりそばを頼むとき
「もりそばを大盛りで下さい」と言うと、
「はい、“大もり”ね~」と言い直される事が何度かあった。
もりそばの大盛りは「大もり」という別メニュー扱いなんだね。
(メニューにも別項目として「大もり」が存在する事を確認)
「もりそば」と「ざるそば」の違いしかり、
「昔からこうなってる」というメニューが蕎麦屋には多い。

 


手打ち蕎麦 更科吾妻 (戸田)

f:id:g16:20210419174633p:plain

頼んだメニュー:
天もり(大盛り)/1150円

f:id:g16:20210419174705p:plain

昼時だったけど、客は俺様しかいなかった。
カウンターに座す。
ここは更科の手打ちそばを出す店らしい。
蕎麦の実の胚乳部分を挽砕した白い粉を使用している。
そば粉7割、つなぎ粉3割だそうだ。
面は平打ちかな。細くて短いのが多い。
長さのばらつきは手打ちならでは。
天ぷらはナス、ピーマン、カボチャ、エビ、白身魚(キス?)。
天ぷらがついてこの値段なのは良心的。
(1000円プラス大盛り150円)
それにしても感染対策の仕切りが発泡スチロールなの初めて見たw

f:id:g16:20210419175018p:plain



そば処 寿美吉(蕨)

f:id:g16:20210419175042p:plain

頼んだメニュー:
鶏わさ丼セット(もり大盛り)/800円

f:id:g16:20210419175116p:plain

平日ランチメニューの「鶏わさ丼」セットは、
そば又はうどんから選べる。また“もり”に変更も可能。
俺様は“もり”にした。
カウンターはなく、少人数のお客さんは囲炉裏みたいなところに案内される。

f:id:g16:20210419175200p:plain

雰囲気は良いのだけど、
この席だと対面の客がくしゃみとかしたら飛沫飛んで来そうだなあ・・。
鶏わさ丼は珍しい。そして美味い。鶏わさってゴハンにも合うんだなあ。
蕎麦はスーパーで売ってるクオリティ。
大盛りプラス100円でも計800円は超良心的な値段設定。

 


玄 田むら(蕨)

f:id:g16:20210419175247p:plain

頼んだメニュー:
味くらべ/1300円
店内は高級感がある。こういう雰囲気は大事。
俺様は「せいろ蕎麦」と「粗挽き蕎麦」の両方が食べれるセットを注文。
まずはワサビだけやってくる。

f:id:g16:20210419175324p:plain

自分で茎からおろす。
おろした後に舐めてみたらミントのように爽やか!
そうこうしているうちに「せいろ蕎麦」がやってきた。

f:id:g16:20210419175339p:plain

歯応えがあって蕎麦の風味も感じる。
これは良い蕎麦だ!
そして時間差で「粗挽き蕎麦」も。

f:id:g16:20210419175358p:plain

粗挽きはより歯応えが主張してくる。
これは凄い蕎麦だなぁ~。
これは“クラフト蕎麦”と呼んでいい店だね。

f:id:g16:20210419175442p:plain

蕎麦湯もまろやかで美味いねぇ~。

 


そば重(西川口)

f:id:g16:20210419175501p:plain

頼んだメニュー:
そば天ぷら定食/1200円

f:id:g16:20210419175525p:plain

店内はテーブル席と座敷に分かれている。
俺様はテーブル席に座りメニューを吟味。
そばと定食のセットが目についたので「そば天ぷら定食」にした。
もちろん注文時に「そばはもりでお願いね」と告げるのを忘れない。
定食はお重にセットになってやってくる。
そば、天ぷら、もやしナムル、切り干し大根、漬物、ごはん。
もやしナムル美味い。ゴハンが進む。
ここは麺つゆで天ぷらも食べるスタイルだね。

ネオジオは100メガショックの夢を見るか?(49)「フライングパワーディスク」

f:id:g16:20210418094007p:plain

フライングパワーディスク
(データイースト)
1994.4.8発売/25000円/架空スポーツ
対戦ゲームに熱い風!FPD選手権いま開催!

 

f:id:g16:20210418094132p:plain

「ミラクルアドベンチャー」に続く、データイースト第2弾タイトル。

 

ゲーセンにあるエアホッケーを元にしてデザインされた対戦型ゲーム。
フリスビーのようなディスクを投げあって、
相手コートの後方にセットされたゴールに当てると得点になる。
画面から見て上下の壁に当てるとディスクは弾かれて角度を変える。
エアホッケー同様にこれを利用して相手にフェイントかけるのも重要だ。
イエローゴールに当てると3ポイント、レッドゴールに当てると5ポイント。
計15ポイント奪うとセットカウントを得る。
時間切れの場合はポイントの高い方がセットカウントとなるが、
同点の場合は両方にセットカウントが入る。
2セットとると勝利で、両者が2セットとるとサドンデスとなる。
これだけだとミニゲームっぽいのだが、
最初に選択する6人のキャラクターに
それぞれ2種類ずつ用意された必殺シュートがあり、
この存在によってスピーディでダイナミックな攻防が興奮度を高める。

 

f:id:g16:20210418095844p:plain

Aボタンでディスクを投げる。
ディスクを持っていないときはスライディングで自コート内を素早く移動。
飛んできたディスクは触れるだけで自動的にキャッチ。
キャッチする瞬間にAボタンを押すとディスクを跳ね上げる。
落下地点に移動してタイミングを合わせてボタンを押すと
必殺シュートを放つのである。(AボタンとBボタンで種類が変わる)
Bボタンはロブショット(打ち上げるショット)。

 

キャッチ後にすぐ投げ返すとスピードが増したり、
スライディングで取りに行くか通常移動で取りに行くか一瞬の判断を要求されるなど、
狭いフィールドの中でも攻防は深いぜ。
なによりこのゲームは対戦が激烈に熱い。
ルールは単純なので未プレイユーザーとでもすぐに熱くなれる。

 

SNKが格闘ゲームしか作らなくなったこの時期、
格闘以外のオリジナル対戦ゲームを生み出した意義は高く、
2018年には海外のメーカーが本作をリメイクするほど熱狂的なファンを獲得していた。

余談だが本作は続編も開発されていた。
が、発売を前にしてデータイーストが倒産してしまったため世に出る事は無かった。
その幻の続編でキャラクターデザインをしていたのは、
セガシャイニングシリーズ
美少女路線に舵を切ったあと(「シャイニングティアーズ」以降)に
キャラクターデザインを担当したTony氏であった。

 

PROJECT LEADER
TAKAAKI INOUE

PLANNER
ADACHI PENTAX

PROGRAMMER
TAKAAKI INOUE
WATARU IIDA

GRAPHIC DESIGNER
NOZU MAKOTO
FLEX INAGAKI
GALACTUS MINA
HIROSHI TAMAWASHI
Y,URUSHIBARA
TOMOYUKI ARAKAWA
EL SANTO INOPITA

BUG-DASHI'S
TAKATOSHI KATAHATA
KAGENOBU MURATA

SOUND CREATOR
ATOMIC & TOM & KOREMASA

SPECIAL THANKS
S.MILLER
E.KARIYA
DATA EAST CORP. ALL STAFF
DATA EAST INC. ALL STAFF

カレー番長への道 ~望郷編~ 第282回「レトルトカレーミュージアム2021」

後楽園駅内ビルのメトロ・エム2階で
レトルトカレーミュージアム2021」が開催されていたぜ。

f:id:g16:20210417214427p:plain

80種類ものレトルトカレーが大集合。
ただビルの2階でひっそり開催されているので、
エスカレーター上がって来ないと存在に気づかないかも。
俺様も丸ノ内線乗ろうとして偶然見つけたぐらいだから(^^;

f:id:g16:20210417214528p:plain

いずれも高級志向のレトルトカレー
値段も500~1000円ぐらい。
大量買いするとサイフが心配なので厳選して購入。

f:id:g16:20210417214549p:plain

買ったのはこの2つ。
こちらはさっそく今晩の夕食として食べてみた。

f:id:g16:20210417214609p:plain

「スパイシーバターチキン」
スパイス研究家でお馴染みの一条もんこ先生監修のカレー。
バターチキンとは思えない濃厚な味わい。
そしてカルダモン、クローブ、シナモンなどのスパイス達がしっかり伝わる。
そしてレトルトとは思えない巨大な骨付きチキン!
凄いカレーだ・・。
「レモン味わう芽キャベツと鶏ささみのクリーミーカレー」
女子のためのカレーを提供する「THE女子CURRY」シリーズの一つ。
もっとあっさり系かと思ったけど、けっこうスパイシー!
ココナッツの甘味と合わさって旨味に昇華されてる。
このカレーとスパイシーバターチキンの組み合わせはベストマッチだった!
ぶっちゃけ、専門店に出向いて食べるのと変わらない満足感!

後楽園の「レトルトカレーミュージアム2021」は5/5まで。

ネオジオは100メガショックの夢を見るか?(48)「龍虎の拳2」

f:id:g16:20210416075337p:plain

龍虎の拳
(SNK)
1994.3.11発売/29800円/格闘
よりたくましく“龍虎”、新たなる挑発!

 

f:id:g16:20210416075414p:plain

前作「龍虎の拳」から1年9ヶ月ぶりに登場した続編。

追加になった操作キャラクターは、
テムジン如月影二ユリ・サカザキの3人。
前作からリストラされたのは藤堂竜白のみで、計12人。
CPU戦では12人と戦い、最後のMr.ビッグまで無敗で勝ち進むと、
隠しボスの「(若き日の)ギース・ハワードと戦う事になる。
登場キャラクターの中では
前作で誘拐されたヒロインのユリ・サカザキが一番おいしい存在だ。

パンチボタン、キックボタン、投げボタン、挑発ボタンという構成。
攻撃の強弱はボタンを押す長さで決まるというワールドヒーローズと同じ仕組み。
先行入力を前提とした連続技が設定され、
かなり玄人向けのシステムになった。

 

ストーリー展開を演出するインターミッションが無くなるなど、
対戦プレイを主体としたゲームになっているので、
前作のような極端なキャラクターごとの仕様違いが無くなった。
全キャラに超必殺技、ガード不能技が装備されたが、
必殺技自体の威力は全体的に低下。
前述した先行入力によるコンボでいかにハメ殺すかという対戦ゲームだった。

 

f:id:g16:20210416080236p:plain

キャラクターも増えて賑やかにはなったのだが、
前作にあった世界観やキャラクターの渋さ、
個性のハッキリしたキャラクター同士のわかりやすい駆け引きは影を潜めてしまった。
CPU戦は“人間では不可能に近い反応”をしてくる事でも有名で、
comキャラに合わせたハメ技のパターンを成功させるゲームになっている。

 

俺様自身、このゲームの仕組みについけいけず、
対戦もCPU戦も楽しめるまで操作を習熟する事は出来なかった。
前作が大好きだったので当時かなりガッカリしたぜ。

 

 

【選択キャラクター一覧】

f:id:g16:20210416080305p:plainリョウ・サカザキ

f:id:g16:20210416080314p:plainロバート・ガルシア

f:id:g16:20210416080323p:plainキング

f:id:g16:20210416080334p:plainテムジン
新規参戦キャラ。モンゴル相撲出身。辮髪のような髪型とその体型。
コミカルな動きや、他キャラからの扱い。
道化役としてのキャラ設定になっている。
口癖は「~ダス」。

f:id:g16:20210416080343p:plain如月影二
新規参戦キャラの忍者。
こういうコスプレっぽいキャラクターは龍虎に似合わないと思った。

f:id:g16:20210416080353p:plainジョン・クローリー

f:id:g16:20210416080405p:plainMr.ビッグ

f:id:g16:20210416080418p:plainミッキー・ロジャース
ミッキーは前作で使っていたのだが、
髪型が短髪になってダサくなってしまった。(^^;

f:id:g16:20210416080427p:plainジャック・ターナー

f:id:g16:20210416080441p:plainリー・パイロ

f:id:g16:20210416080450p:plainタクマ・サカザキ
前作で思わせぶりなエンディングを見せておきながら、
あっさりオープニングで天狗がタクマである事が説明され、
何食わぬ顔で天狗の面を外した素顔で選択キャラにいた(^^;

f:id:g16:20210416080500p:plainユリ・サカザキ
髪型が変わり、幼いビジュアルになっただけでなく、
性格設定も陽キャラに振り切ってまるで別人のようになった。
設定では前作で救出されてから極限流空手を始めたらしいが、
才能あり過ぎだろ!
口癖の「余裕っち」も流行ったな。

 


CAST
EIJI TSUDA
MASAKI USUI
YOSHINORI SHIMA
KAZUHIRO INACE
HARUMI IKOMA
KAORI HORIE

PRODUCER
E.KAWASAKI

OBJECT DESIGNED BY
BIG ONE!
KIMURA KEN
U.C
HICE TO BOINC
KYO-HO
FOREVER SOE-SOE
PINKEY! (BOOMER)
TERARIN
HORI PU-

OBJECT BACK UP
HIGASHI PON
TSUZAKINCYO
LIONHEART 32
TONY R OKI
HEITAROU
KA-TSUN!!
BLACK TREE
C.ISHIDAMAN
SEVASTIAN
TOMORIN
EMAYAN
MURA MAMA
TAKE-PYON
OBA TAKA
SHIBA-SHIBA
HASSY
TSUTTE
MORIYAN
SOMATOREENO

PROGRAMMER
JOHN CUSO
MA2

MUSIC COMPOSED BY
YAMAPY 1
JOJOUHA KITAPY
MARIKO
YASSUN

SPECIAL THANKS TO
MATAKICCHAN
JOKER-MIYACAMI
SATOCHANC
ATSUSHI
SEKOTCH
M.TAKIMOTO
S.KIMOTO
ALL SNK STAFF

EXECTIVE PRODUCER
FINISH HIROSHI

DIRECTED BY
DOC.COTOH
SHICETI

今日のチョイ呑み(140)「ひとりあじ」

今日は浦和「ひとりあじでチョイ呑みだ。

f:id:g16:20210415165920p:plain

“浦和で一番安い立ち呑み屋”という触れ込み。
知らんけどw
中はU字カウンターで、
立ち呑みなんだけどイスも用意されている。
中は常連と思われるベテランの先輩達がワイワイやってる。
只者じゃない雰囲気の中で俺様の目的は一つ。
メニューにある「究極の焼きそば」をツマミに呑む事だ。
俺様は酎ハイ焼きそばを注文。

f:id:g16:20210415170232p:plain

先に運ばれてきた酎ハイを呑みながら焼きそばを待つ。
そして焼きそばが運ばれてきた!

f:id:g16:20210415170247p:plain

うおー!なんだこれはー!
具がまったく入っていないw
これのどこが究極なんだろう?
ともかく青海苔をかけて彩りをつけよう。

f:id:g16:20210415170316p:plain

そして麺をかっこむ。
え!?
具が無いと思っていたが、食べてみると隠された味わいに気づく。
あー、これ刻みにんにくがたっぷり入ってるー!
麺はペヤングみたいな細麺。
これ美味いw
そして食事ではなくツマミとしての焼きそば。
わははは、ディープな店だなぁ。
浦和も奥が深いぜ。