88ゲーム回想録(18)「道化師殺人事件」

f:id:g16:20220121085824p:plain

道化師殺人事件
(シンキングラビット)
1985年3月/AVG/7800円

 

f:id:g16:20220121085851p:plain

ロンドンから南へ50マイル、
古くからの港町ブライトンに巡業中のサーカスの一座があった。
テントも張り終え、あとは開幕を待つばかりのその日の朝、
ピエロの死体がシャワーワゴンで発見された。
死因は背中から心臓に達するナイフの一突き。
シャワーの水が出しっぱなしになっていて、血はきれいに流されてしまっていた・・・。
プレイヤーはロンドン警視庁より派遣された刑事となり捜査を開始する。

 

f:id:g16:20220121085940p:plain

古き良きコマンド入力式のアドベンチャーゲーム
「テチョウ ミセル」「ト アケル」といった“単語+動詞”で行動を入力する。
英語にも対応しているらしい。(俺様は日本語で最後までプレイした)
また、よく使うものはファンクションキーにも登録されており、
以下のコマンドは一発で入力可能になっている。
F1:マルタン・ルドック
F2:メリー・マッコーラン
F3:ハワード・フィルピー
F4:マーカス・ビグリー
F5:デュイ・ゼフール
F6:ヲ ジンモンスル
F7:ヲ キカセテイタダケマスカ
F8:アリバイ ヲ キカセテイタダケマスカ
F9:ジケン ヲ セツメイスル
F10:ワゴン ヲ ミセテイタダケマスカ

 

f:id:g16:20220121090058p:plain

謎自体は(この当時特有の)不条理なものが少ないのだが、
東西南北を1つずつ移動して探索するマップは迷いやすく、
マッピングをしながら進めないと途方に暮れるだろう。
推理小説のモデルとなった田舎町を探訪しているかのような
静かな雰囲気が素晴らしい。

関係者をいつでも呼び出して尋問できるシステムは、
シンキングラビットの前作「鍵穴殺人事件」から引き継がれている。
また、コマンド入力で正解ルート以外の言葉を入力しても、
ある程度はフォローの言葉が用意されているのも
丁寧な仕事っぷりが感じられて好感触である。

このゲームが(同時期の)他のコマンド入力式アドベンチャーゲーム
決定的に違うのは、シナリオの練り込み具合である。
多くのゲームは、言葉探しの難易度を乗り越えても
ストーリーが簡素だったり、雑だったり、
苦労した思い出しか残らないものが多かったが、
本作は「苦労した甲斐があったな」と思えるものがあった。
おそらくは用意された結末の意外性がその印象を強くしており、
脚本の勝利と言えるだろう。

上記の書き方だとプレイしていない人には誤解を与えるかも知れないが、
本作で言う脚本とは、以降のAVGでの評価基準の一つとして語られる
「ストーリー展開」とは異なる。
そういう側面で言うならば本作はほとんど「ストーリー展開」が存在しない。
ひたすら探索。情報の収集。
最後に結末が用意されているぐらい。
フラグ探しの遊びからデシタル紙芝居へ移行していった時代の狭間で、
“ストーリー展開を主軸としないゲームに脚本で魅力を生ませた”貴重な一本
と言えるだろう。

ちなみにゲームをクリアすると、
登場人物を演じていた役者がプレイヤーにメッセージを残すのだが、
このときのテキストが
ゲーム本編全てのテキスト量より多かったりするw

バカ映画大研究(20)「ボア vs.パイソン」

f:id:g16:20220120213116p:plain

ボア vs.パイソン
ジャンル:パニック
上映時間:91分
2004年製作/TV映画
監督:デヴィッド・フローレス
出演:    デヴィッド・ヒューレット

 

富豪が道楽目的で密輸した巨大パイソン。
だが輸送中に巨大パイソンは逃亡。
FBIはこの巨大パイソンを捕まえるために、
ヘビ研究所で飼われていた巨大ボアに
GPSをつけてパイソンを追わせるという作戦を決行。
ところがこの巨大ボア。
全然人間に制御できない代物で、
パイソンと一緒に人間に襲いかかりやがんの。(^_^;
誰だよこの作戦考えたボンクラは・・。
しかもこのパイソンとボアは遭遇しても戦うわけでなく、
なんと2匹は結ばれて卵を産んじゃう(爆)。
映画のタイトル通りに2匹が戦うのは、
卵を食べちゃった雄パイソンに怒った雌ボアが襲いかかる終盤3分のみ。
コテコテのCGとともにトホホな気分になる事間違い無しの映画だ!

ちなみにDVDパッケージにある
“ビルの谷間で戦うボアとパイソンにヘリからミサイルが撃ち込まれるシーン”
なんて当然存在しない(苦笑)。

 

 

警戒レベル:

f:id:g16:20210823112226g:plainf:id:g16:20210823112226g:plainf:id:g16:20211017092647p:plainf:id:g16:20211017092647p:plainf:id:g16:20210823112226g:plainf:id:g16:20210823112247g:plainf:id:g16:20210823112247g:plainf:id:g16:20210823112247g:plainf:id:g16:20211209173112p:plainf:id:g16:20211209173112p:plain

わが青春のPCエンジン(132)「サイドアーム」

f:id:g16:20220119091722p:plain

サイドアーム
(NECアベニュー)
1989年7月14日/横シューティング/5400円

 

f:id:g16:20220119091751p:plain

1986年12月にアーケードで稼働した同名タイトルの移植。
NECアベニューから発売されたが、開発はオリジナルと同じカプコンが行っている。

 

f:id:g16:20220119094200p:plain

f:id:g16:20220119094203p:plain

f:id:g16:20220119094205p:plain

ゲームがスタートすると簡単なプロローグ演出。

 

f:id:g16:20220119094234p:plain

本作はサイドビューのシューティングゲーム
ショットボタンは前方と後方に分かれている。
敵の出現状況に合わせて撃ち分けるのだ。
ゲーム中にアイテム取得すると攻撃種類が増えていく。
アーケード版では攻撃切り替えボタンがあったが、
本作ではポーズして切り替えるようになっている。
ボタンが足りないからそうしたのかも知れないが、
落ち着いて切り替えられるので家庭用ならではの良い改変だ。

 

f:id:g16:20220119094249p:plain

アーケード版最大の特徴は二人同時プレイでの“合体”だった。
アーケード版の合体はアイテム取得で行う。
合体したときは、「移動&通常攻撃」と「特殊攻撃」に操作を分担する。
また、どちらのプレイヤーがアイテムを取得したかにより、
α合体とβ合体に変化する・・といったものだった。
ところがPCエンジン版では2人同時プレイ自体が無い。
合体アイテムを取ると、β機が画面外から飛んできて
α合体を行う一人用のパワーアップ要素になっている。
合体はダメージを受けるまでは継続する。

 

f:id:g16:20220119094301p:plain

ステージの端まで行くとボスと対決。
ボスにはライフ表示がある。
ボスを破壊するとクリア画面のようなものはなく、
なんと暗転すら挟まずにゲームが継続する。
このときスクロールが縦方向に変化するときもある。
暗転せずに進んでいくという意味では、
このゲームにはステージの区切りはなく、
凄く長い1ステージをプレイしているような印象
になっている。

 

f:id:g16:20220119094314p:plain

f:id:g16:20220119094316p:plain

f:id:g16:20220119094326p:plain

f:id:g16:20220119094336p:plain

f:id:g16:20220119094343p:plain

f:id:g16:20220119094347p:plain

f:id:g16:20220119094351p:plain

f:id:g16:20220119094355p:plain

f:id:g16:20220119094359p:plain

f:id:g16:20220119094403p:plain

 

DIRECTED BY
YOSHITO ITOH

CHARACTER DESIGNED BY
SUSUMU UEDA

SCROLL DESIGNED BY
SUSUMU UEDA
NAOE NONOMURA

MUSIC COMPOSED BY
TAKASHI TATEISHI

PROGRAMMED BY
YOSHITO ITOH

AND SPECIAL THANKS TO
AKIRA YASUDA
MASAYUKI AKAHORI
ATSUSHI KAKUTA
YUKI KYOURANI
MIKI KIJIMA
TOSHIFUMI OHNISHI
YOSHINORI TAKENAKA
HAJIME TOSADA
TADAKATSU MAKIUCHI
KOJI YOSHIDA

YOSHIKI OKAMOTO

PRESENTED BY
NEC AVENUE

LICENSED BY
CAPCOM

 

f:id:g16:20220119094443p:plain

 

サイドアームは敵弾のスピードが速く、避けるのが難しかった。
意地悪な動きの敵はほとんどいないのだけれど、
根本的に難しいゲームだと思う。
カプコンが直接移植しているだけあって、
アーケードゲームっぽいドット絵は見事に再現されている。
それだけでも価値のある移植タイトルだった。

・・ところが。
本作はネガティブな評価をしている人が多い。
事件は本作発売からわずか3ヶ月後に起こった。
PCエンジンCD-ROMROM向けに
「サイドアーム スペシャル」というタイトルが発売されたのだ。

f:id:g16:20220119094505p:plain

こちらはモードが2つあり、
1つはHuカード版の内容にCD音源のBGMを載せ替えたモード。
そしてもう1つは、アーケード版をもとに新構成で作られたアレンジモード。
ほぼ2つのゲームが入っているに等しい豪華版。
こちらのタイトルが出るのを知らずにHuカード版を買ってしまったユーザーは、
「劣化版を買わされた!」と腹を立てた。
(Huカード版には、CDの読み込み時間が無いメリットはあったけど・・)


ところで本作はPCエンジンでリリースされた上記2本以降は、
ほとんど日本でリメイクされていない。
PS3XBOX360でリリースされた「カプコン アーケード キャビネット」という
配信専用ソフトに収録されていたぐらいだ。
本作には他作品のパロディネタが多い。

 

f:id:g16:20220119094518p:plain
ズゴックとか・・

 

f:id:g16:20220119094528p:plain
巨神兵とか・・

 

まさかこれらが原因で復刻しづらい・・
とでも、言うのだろうか?

やっぱりセガが好き第57回「セイントソード」

f:id:g16:20220118085540p:plain

セイントソード
(タイトー)
1991年6月28日/アクション/6800円

 

f:id:g16:20220118085607p:plain

タイトーメガドライブ初の完全オリジナルタイトル。
(これまでにリリースしたのはアーケードからの移植やリメイクだった)

 

f:id:g16:20220118085624p:plain

本作はサイドビューのアクションゲームで、
等身の高い鎧をまとったキャラクターが剣を振って進むファンタジーな世界観。
動きの固さも含めてタイトーの「ラスタンサーガII」や
「カダッシュ」の雰囲気にも似ている。

 

f:id:g16:20220118085633p:plain

攻撃ボタンで剣を振る。
しゃがみ、ジャンプなどを組み合わせて攻撃に変化が出る。
方向上を入れながら攻撃ボタンで上突きもある。

 

f:id:g16:20220118085643p:plain

ゲームはシンプルで、ステージは地中などにもルートが広がっており、
どこかに隠されているカギを見つけて、
どこかにある扉に入るとボスと戦えるという構成。
(カギを取ると扉の方向が指示される)

 

f:id:g16:20220118085654p:plain

ボスのデザインはなかなか海外ファンタジーチックで渋い。

 

f:id:g16:20220118085704p:plain

ステージクリアするごとに使えるマジックアイテムが増えていくのだが、
説明が全て英語なのでよくわからない(^^;
マジックアイテムはポーズメニューから選択して使用する。

 

f:id:g16:20220118085715p:plain

f:id:g16:20220118085717p:plain

次のステージからは水中移動も登場するのだが、
重い鎧を着ているのに立ち泳ぎで進む主人公。
強靭な足腰だぜ・・。

 

f:id:g16:20220118085733p:plain

ステージ2のボスはケンタウロス

 

f:id:g16:20220118085747p:plain

ステージ3のボスは硬そうな虫。
さて、ここでこのゲームのオリジテリティとなる要素を説明しよう。
ゲーム中に馬、鳥、魚のパネルをそれぞれ集める事ができる。
ステージ中でこれを使用すると・・

f:id:g16:20220118085801p:plain

馬だと下半身が馬になり脚力UP。

f:id:g16:20220118085812p:plain

鳥だと背中に翼が生えて飛べるようになる。
例えばこのボスだと空から隙をついて攻撃すると倒しやすい。

f:id:g16:20220118085823p:plain

魚だと下半身が尾びれになり、水中移動が素早くなる。
画像のような狭い場所はこの状態でないと通過できない。

しかしながら、これらはパネルを取った回数しか使えないので、
あまり有効にステージデザインに活用されていない。

 

次のステージあたりからカギを見つけるための迷路要素が強くなっていき、
地味で面倒臭いだけのゲームになっていく。
このゲームはパスワードで途中再開が出来るので、
エンディングへは根性があれば到達できそうだが、
途中で耐え切れずにプレイを断念してしまった。
このゲームは全7ステージなのだが、
2周しないとエンディングには到達できない。
昔ながらの悪いプレイの引き伸ばし方だ。

 

本作はもしかしたら海外向けに開発されたタイトルかも知れない。
海外で作られたものの可能性もあるが、
本作はスタッフロールが存在しないので謎である。

カレー番長への道 ~望郷編~ 第327回「キーマモンスター」

目をつけていたスパイスカレー店を目指して新宿にやってきたが、
店の前で臨時休業を知る。
だがタダでは転ばないのがカレー番長。
帰り道で新たなカレー店を発見。
それが今回の「キーマモンスター」だ。

f:id:g16:20220117234906p:plain

雑居ビルの3階に昼のみオープンするこの店は、
「肉汁水餃子餃包」という飲み屋の間借り店舗である。
2021年10月にオープンしたばかりらしい。
間借り文化が普及した事によって、
名作カレー店の多くがデビューのチャンスを得ているように思う。
間借りとカレーは相性が良い。

 

f:id:g16:20220117234921p:plain

看板には“生ドライカレー専門店”と書かれている。
一体、生ドライカレーとはどんなものなのか?

 

店内に入りメニューを見ると、
カレーは看板商品の「生ドライキーマカレー」と、
「MILKカレー」なるものが2種類あり、
それらが両方食べられる「あいがけカレー」もあった。
トッピングは生卵、温泉卵、ホイップ、追加アチャール、チーズ・・とある。
俺様は「あいがけカレー」生卵を追加し、
サラダ&ドリンクセットを注文。ドリンクはラッシーにした。

先にサラダとラッシーが到着。

f:id:g16:20220117234934p:plain

サラダは普通だね。
ラッシーは自家製で甘さ控えめ。
「甘さが足りない場合はガムシロップをお使い下さい」との事だった。
そしてカレーがやってくる。

f:id:g16:20220117234945p:plain

海になっているのが「MILKカレー」
雑穀米の上に乗っているのが噂の「生キーマドライカレー」だ。
副菜として3種のアチャールがついている。

まずは「MILKカレー」を実食。
口の中にクリィーミーな旨味がブワーーーッと広がる。
うんまぁーーい!
このクリィーミーさはクリームシチューにも似ているけど、
カレーにミルクをブレンドしただけの単純な味じゃないぞ。
クリィーミーさの向こうに感じるコクみたいなものは牛肉によるものかな?

そして「生キーマドライカレー」いってみよう。
店の説明によると、ドライカレー(汁なしカレー)とキーマカレー(ひき肉のカレー)の
両方の性質を併せ持つドライマーキカレーで、
仕上げに生クリームを入れてコクをアップした・・とある。
じっさい食べてみるとビックリ。
うまうまうまうまーーーい!!
まず粗挽き気味に残った鶏肉の食感が面白い。
キーマで感じられる肉とは異質。
今まで色々なキーマを食べてきたけど、
これはまったく違うキーマ。
あっさりとしているのに旨味が凝縮されていて口の中に広がる。
いかんせん。
もっと食べたいのにあいがけだとキーマの量が少ない・・。
もっと食べた~い!
そして食後に気になる事を聞いてしまった。
「ポイップをトッピングすると今まで食べた事のないカレーになります」
先に言ってよぉ~。
近いうちにキーマを大盛りにしてホイップをトッピングしたものを食べるぜ!
(でもMILKカレーも食べたい・・)

MSXとはMSXの事である 第17回「ファミクル パロディック」

f:id:g16:20220116100539p:plain

ファミクル パロディック
(ビッツー)
1988年/MSX2/シューティング/6800円

 

f:id:g16:20220116100601p:plain

MSXで「パロディウス ~タコは地球を救う~」が発売されたのは1988年4月28日。
「ゲームの中で他のゲームのパロディをする」という手法の面白さを提案した
最初期のゲームであった。
そんなパロディウスと同じ1988年に本作はリリースされた。
本作が1988年のいつ発売されたものなのかハッキリしていないので、
本作が「パロディウス」の影響を受けて開発されたものなのか?
それとも偶然類似したコンセプトで作られたのかは定かではない。
パロディウスが同じコナミ
グラディウス」をパロディにしたゲームだったのに対して、
「ファミクル パロディック」は、
他社のゲームを(無許可で)パロディするという挑戦的な内容であった。

 

f:id:g16:20220116100614p:plain

ゲームをスタートすると、まずファミリーの誰を出撃させるのか選ぶ。
ファミリーは5人おり、それぞれ機体が違うようだ。
パピクルから順番に選択していく事にしよう。

 

f:id:g16:20220116100624p:plain

こちらはパピクルの機体「ヴォレビュール」。

 

f:id:g16:20220116100632p:plain

ゲームは縦スクロールのシューティング。
対空攻撃と対地攻撃にボタンがわけられている。
敵を破壊するとエッグを落とす。
拾うと持っているエッグの数が増えるが、
その数を確認する事はできないw
自機には耐久力があるらしいが、
どこにも表示はされていないw
何発か当たると自機は爆発し、残機を消耗し、その場で復活する。
だが残機がいくつあるのかも表示されていない。(^^;
全ての残機が無くなるとゲームオーバーだ。

f:id:g16:20220116100643p:plain

ステージ1はゼビウス」のパロディのようだ。
ゼビウス」と言えば、
移植具合がイマイチだと正式タイトルを名乗る許可を出さなかったり、
ナムコがとても厳しい版権管理をしていたタイトルだが、
よく本作は見逃されたものだ。(^^;

f:id:g16:20220116100653p:plain

f:id:g16:20220116100656p:plain

めちゃめちゃ単調な敵の攻撃を耐え続けると画面が暗転してボス戦になる。

f:id:g16:20220116100713p:plain

これもアンドア・ジェネシスのパロディみたいだな。

 

f:id:g16:20220116100724p:plain

次のステージではシルクルを選択。
自機はダックスベリー。

 

f:id:g16:20220116100734p:plain

どうやらステージ2は
クレイジークライマー」のパロディらしい。
クレイジークライマーの場合、窓をつたって登るので、
上から落とされるものを避けるのは難しいが、
本作では飛んでいるため、安全地帯が多い。(^^;
あ、そうそう。
ダックスベリーは対地ミサイルの照準が後ろ側にあるみたい。

f:id:g16:20220116100745p:plain

 

f:id:g16:20220116100748p:plain

f:id:g16:20220116100751p:plain

ビルがだんだん細くなっていく。
よくみると他社の看板をもじったものが通過していく。
とことん大手に喧嘩を売るスタイルw

 

f:id:g16:20220116100808p:plain

f:id:g16:20220116100811p:plain

ステージ2のボスはジャンポイ。
帽子に表示されたグーチョキパーいずれかに勝てるモノを撃つ。
3回勝ったらクリア。
パロディウスにもジャンケンするボスキャラいたな~。
パロディウスを見てから開発した疑惑が濃くなってきたぜ。

 

f:id:g16:20220116100823p:plain

ステージ3はセガファンタジーゾーン」のパロディみたい。
視点も違うし、全然似てないけどw

 

f:id:g16:20220116100833p:plain

このステージで初めてショップが登場する。
今まで集めたエッグはここで使うようだ。
どれを買うとどうパワーアップするのかはゲーム内では不明だ(^^;
ちなみに本作で自機をパワーアップさせるのはショップを利用するしかない。
また、このステージ3あたりから敵の攻撃が激しくなってくるので、
パワーアップをちゃんとしていかないとキツクなってくる。
ちなみに敵にやられるとパワーアップは初期状態に戻る。
再びショップに入っても、エッグは消費されているのですぐには復帰できない。
つまり残機を失った時点でクリアは難解となる。

 

f:id:g16:20220116100846p:plain

ステージ3のボス「ボヨンボ」。
攻撃を避けつつ、ボヨンボの顔のまわりをまわる黒いハートを撃破する。

 

f:id:g16:20220116100857p:plain

なんとかステージ4まで辿り着いたが、
難易度的にこれ以上進むのは限界だった。
ちなみにステージ4が何のパロディかはよくわからなかった。

 

ステージは全部で10あるっぽい。
残りのステージは一体何のバロディで、
ボスにはどんなやつが出てくるのか気になる。
(本作のプレイ意欲はその一点に尽きる)
が、そこまでの過程がシューティングとして単調で面白味が無く、
精神的にツライのでこれ以上は無理だった。

 

色んな会社に怒られそうな本作であるが、
リリースされたのがMSXだったため見つからずに済んだのだろうか?
なんと本作は1990年には続編も発売させている。

とんかつが無性に食べたくなるとき・・あるよね?(12)「かつ丼 天下星」

なんだか今、モーレツにとんかつが食べたいゾ!
なんてときあるよね?
今日がそんな日だった。
今回訪れたのは新宿御苑にあるかつ丼 天下星」

f:id:g16:20220115144213p:plain

オープン時間の11時半に入店。
注文を決めて先にお会計を済ませてから着席。
並ばず座れたけど、店内に入った8人のお客さんに
順番に作っていくのでしばらく待つ事になる。
俺様が頼んだのは「ザ★二枚盛!」「千切りキャベツ」
キャベツのドレッシングはごま、フレンチ、和風から選べる。
俺様は「ごま」にした。
そして30分後、俺様のもとにカツ丼がやってくる。

f:id:g16:20220115151853p:plain

「ザ★二枚盛!」は通常のカツ丼のカツが2枚乗っている。
ライスは大盛りになっている。
「ザ★二枚盛!」は豚2枚だけでなく、
豚と鶏のミックスも出来たのだが、
今日はトンカツが無性に食べたい日だったので豚二枚にした。
追加した千切りキャベツの他には漬物、ゴボウ和え、味噌汁。

f:id:g16:20220115151909p:plain

1枚目のカツを食べ進めないとなかなかゴハンに辿り着かないぜ~w
豚は甘味のある良い質。
でもカツ丼としては思ってた以上にオーソドックスだなぁ。
全体的に高クオリティだけども、特別感は低いかも。
味噌汁が格別だった。出汁を感じる良き味噌汁。

メニューを見ると通常のカツ丼以外では、
厚切りカツ丼、ソースカツ丼、鬼おろ紫蘇ポン酢かつ丼
とりかつ丼、とりチーズかつ丼、ダブル卵の親子丼、
辛い和風かつカレー、炙りチーズかつカレー・・
といったものがあった。
(この日、カレーは休止中だった)
今度はちょっと風変わりなメニューを試したいね。