カレー番長への道 ~望郷編~ 第496回「カレースイセイ」

今回は高円寺の間借りカレー「カレースイセイ」でカレー修行だ。


「でんでん串」という店舗を間借りし、日曜の昼のみ営業しているようだ。
階段で3階へ上がる。
11時開店前に着いたのでしばらくこの階段で待つ。
一番乗りだ。やがてオープンし店内へ。
店内は4人席2つと2人席1つ。
これ流行ったらヤバいぞ。
1ループ目で早くも待機列が出来た。
さて、注文だ。
カレーは4種類。
スイセイ式紅焼肉カレー、骨付きチキンカレー、ポークチョップカレー、限定カレー。
限定カレーは旧屋号「カナマカナン」時代を象徴する最高傑作らしい。
ダメだ。全部味見したい・・。
みると「2種カレーできます、さらに追加1品ごとに600円」と書かれている。
全種いける!
というわけで4種全部入りカレーをライス大盛(300g)にして注文。
注文受けてから調理するらしく、しばらく時間がかかる。
20分ほど待ってカレーがやってきた。


ここはシンガポールの「海南カリー飯」が食べれる店。
シンガポールの中華系移民が生み出した料理で、
カレーの上に好きな中華のオカズを乗せたものらしい。
4種にすると凄いデラックス感でるぜぇ。
ライスは白米だがタイ米ブレンド
赤玉ねぎのスライス、もやし炒め、ニンジンの漬物、
そしてクルプック(えびせん)つき。

 


まずはポークチョップから。
豚肉を揚げたものだが、トンカツとは違う中華的なアプローチの料理。

 


こちらはスイセイ式紅焼肉
いわゆる豚角煮だけど、これ凄い甘い味付け!
この甘さの食材をカレーと合わせるのは唯一無二!
ケンカしないのが凄い。

 


トロトロビーフカレー
これもうカレーというより牛煮込み。
無水カレーの店で似たやつ食べたなあ。美味い。
以前の看板カレーだったのわかるわー。

 


骨付きチキン
口の中で骨から肉がはずれるホロホロチキン。
甘口カレーが一番これに合ってるかも。

 

カレーはどのオカズも邪魔しない脇役。
そもそもルーの量とオカズの量が合ってないので、
カレーというより中華プレートの一部がカレーになってる感じか。
楽しい美味しい。
シンガポールカレーを食べに来て、中華のアプローチが楽しめるとは意外だったぜ。

食べ終わって階段を降りようとすると、階段の下まで列が・・。
これ下手したら3時間ぐらい待つんじゃないか?

カレー番長への道 ~望郷編~ 第495回「らかんか」

今回は築地にある「らかんか」幻の薬膳カレーである。
なぜ幻なのかというと、この店は火鍋屋さんで、通常夜しか営業していない。
以前は昼にランチカレーを出していたのだが、
夜の忙しさで立ち行かなくなり、ランチはずっと休んでいた。
そんな「らかんか」の薬膳カレーランチが先週の金曜と土曜に限定復活。
さっそく俺様はそのチャンスを掴みに行ってきたというわけだ。


メニューは「らかんか薬膳チキンカレー」
それに「放牧豚キーマカレー」がついた「あいがけカレー」のどちらか。
トッピングに玉ねぎアチャールパクチー、温泉たまごがつけられる他、
ハーブサラダ増し、トマト増し、ライス大盛が可能だ。
俺様は「あいがけカレー」温泉たまごを追加し、ライス大盛とした。
やがてカレーがやってくる。


薬膳チキンカレーはシャバシャバ系。
ちゃんとチキン肉もゴロゴロと確認できるのは嬉しい。
ライスは雑穀米かな?(特別栽培ササニシキとのこと)
ライスの上にはキーマカレー
島の向こうにはハーブサラダとプチトマト。
追加した温泉たまごはまだ入れない。
チキンカレーをまず一口。
これは出汁カレーだ!
出汁には東京軍鶏と天然真昆布を使っている模様。
出汁カレーというと甘いカレーが多い気がするが、ここのはピリッとしまっている。
食べ進めるほどに額に汗が滲んできたぜ。
そしてキーマはあっさり系のキーマでホットの中に甘味もある秀作。
これは美味いカレーだ。
後半に温泉たまごを投入したらビックリ。


黄身が鮮やかな黄色!
そして口に入れるとまろやかな味が広がる!
これただの卵じゃない!
平飼い有精卵とのこと!
美味すぎる。
これ絶対トッピングすべき。
これ一緒にビールを飲んだら最高に美味いだろうなというカレーだった。
(残念ながらこのあと仕事で飲めなかったorz)
店主に聞いたら
「忙しくなかったら金曜と土曜だけカレーランチやろうと思ってます」との事。
このカレー、手が込んでるもんなあ。
まだ幻カレーの名は返上出来なそうだ。

ネオジオは100メガショックの夢を見るか?(113)「サムライスピリッツ零」


サムライスピリッツ
(SNKプレイモア)
2003.12.11発売/39800円/格闘

 


シリーズ7作目の剣戟格闘ゲーム
シリーズ5作目と6作目はハイパーネオジオ向けの3Dグラフィックゲームであり、
純粋な2D格闘ゲームとしては4作目の「サムライスピリッツ天草降臨」以来である。
販売は倒産したSNKから知的財産権を取得したSNKプレイモアで、
開発は「悠紀エンタープライズが請け負っている。
悠紀エンタープライズは、ランダムハウスの商品販売権を取得した会社なので、
森田将棋シリーズを多くリリースしていた会社である。

4作目までの様々な要素が整理され、
1作目に近いゲーム性を目指してまとめられている。


Aボタンが弱斬り、Bボタンが中斬り、A+Bボタンが強斬り。
Cボタンが蹴り。
Dボタンは特殊動作で、方向と組み合わせて回避や飛び込み、瞑想などを行う。
体力ゲージ以外に「剣気ゲージ」というのがあり、
攻撃するほど消費し、休むと回復。
このゲージが高い時ほど与えるダメージが高い。

設定的には1作目の前日譚となっている。

 


選択可能キャラは、隠しキャラ含めて25体。
(家庭用に移植された際はボスキャラも使用可能となり増えている)

 

ゲーム開始前には格闘ゲームとしては異例なほど長めの会話シーンがある。
ここでは主人公である徳川慶寅のオープニングシーンのみログを残しておこう。


「おぬし、かなりの剛の者とみた……。」
慶寅「アンタよりは強ぇだろうよ。それよりアンタ、主は誰だ?
賊のたぐいとは思えねぇが?」

「我が主は、日本全土より、真のますらおを求めておる。
おぬしの如きますらおが我が主に仕えるなれば、各地を奔走せし拙者も本懐。
この身を賭してお願いいたす。御身が望まれるなれば……此処で散るとも悔い無し。」
慶寅「俺は誰かに仕えるつもりなんざまるでねぇが、
会うぐらいならまぁ、いいかもな。」

「かたじけない。
拙者はまだまだますらおを求め各地を回る故に案内できぬのが心残りだが……

日輪國に向かわれよ。おぬしほどのますらおであればおのずと我旺様に見えられよう」
慶寅「……兇國日輪守我旺に反意の疑い有り、か。」


慶寅「……チッ。汗が目に入って足がすべっちまったな。さて、続きというか。」
「よい覇気だ。これまでにせい。慶寅よ。
その有り余る覇気、國の為に用立てる日が来よう。

うぬほどのますらおが國を統べるのであれば、この國も変わろう。」
慶寅「俺は将軍なんざ……ならねぇよ。」
「……いつの日か、うぬの耳にも聴こえようぞ。國の哭く声が……。」
慶寅「いいから、続けようぜ?アンタと向き合ってると、
ゾクゾクしてきやがる……!」

「ワシが死力を尽くし、槍を振るうは國の為にこの命を賭す時のみ。
うぬが國の害となるならば、その時は---」


慶寅「反意……。アイツがなァ……。十兵衛と半蔵の報告を待つ気にもなれんなァ……。
知らん仲でもねぇし……俺が引導渡してやるのも粋ってモンじゃねぇか。」

 


中ボスの「萬三九六」と「黒河内夢路」を倒すと、
ラスボス「兇國日輪守我旺」との戦いで勝利するとエンディングとなる。
残念ながら格闘ゲームが苦手な俺様では、難易度レベル1で遊んでも
5人目ぐらいまでしか勝ち進む事は出来なかった。

 


【選択キャラクター一覧】

覇王丸

橘右京

ナコルル
本作向けにグラフィックが描き直された。

ガルフォード

服部半蔵

柳生十兵衛

千両狂死郎

タムタム

シャルロット

牙神幻十郎

緋雨閑丸

リムルル
本作向けにグラフィックが描き直された。

首斬り破沙羅

花諷院骸羅

風間火月

風間蒼月

徳川慶寅
初登場。本作の主人公。
7本の日本刀を背中に携えて七刀流で戦う。
るろうに剣心」の和月伸宏先生がキャラデザを担当した。

真鏡名ミナ
初登場。琉球王国の神女。武器は弓。

劉雲飛
初登場。眠りから目覚めた千年前の中国の武侠。柳葉刀を使う老人。
るろうに剣心」の和月伸宏先生がキャラデザを担当した。

妖怪腐れ外道
初登場。巨大な人喰い妖怪。

レラ
PCソフト「ナコルル あの人からのおくりもの」に登場したキャラクターの参戦。

羅刹丸
初登場。覇王丸のグラフィック流用キャラ。

炎邪
初登場。魔に堕ちた劉雲飛の弟子。

水邪
初登場。魔に堕ちた劉雲飛の弟子。

パピー
隠しキャラ。ガルフォードの愛犬だが、単体操作キャラとしては初。
ガルフォードにカーソルを合わせて
「右左右左左右右左左右」と入力してから決定すると使用出来る。

 

今日のチョイ呑み(261)「沖縄居酒屋81-31」

今回は戸田公園にある「沖縄居酒屋81-31」でチョイ呑みだ。


ここは以前に「養老乃瀧」があった場所なのだが、
いつの間にか「養老乃瀧」が撤退していて、
今年の1月28日からこの店がオープンした。
特に予約せずやってきたのだが、8割りぐらい客が入っていた。
わりと人気を獲得しているようだ。
入って右手はカウンターとテーブル席。
左手は小上がり席が奥へと伸びている。
俺様はカウンター近くのテーブルへ案内された。
注文はQRコードから行う。

 


まずは「オリオン生」からスタート。
やっぱり沖縄料理で呑むときはオリオン生がないと始まらない。
お通しは「島豆腐」
ところでこの店はテーブルに醤油は無く、
かわりにシークァーサーポン酢が置かれている。
郷に入っては郷に従えだ。島豆腐もポン酢で食べよう。うん、いける。

 


さて1品目は「麩チャンプルー」だ。
麩が味シミシミで美味い!


半分食べたら島とうがらし」を塗して味変だ。
よりツマミ感が増してオリオン生をグビグビいっちゃう。

 


2品目は「ポーク玉子」
これ、なんて事ない料理だとは思うんだけど、
沖縄料理のときはつい頼んじゃうんだよな。
オリオン生がポーク玉子を呼び寄せてしまう。

 


それにしてもこの店の内装は雰囲気出てるなあ。


沖縄にいる雰囲気で料理と酒を楽しむ事が出来る。
沖縄料理テーマパークだぜ。

 


泡盛や古酒の揃いも良さそうなので試しに一杯。
古酒「美しき古里」

 


3品目は「ナーベーランブシー」
いわゆるヘチマの味噌炒めだ。
ヘチマ食べるの初めてかもー。


これがヘチマ。
口に入れるとトロトロな食感だけど、味はほとんど無。
ほぼ味噌。
これは食感を楽しむ食材なんだろうな。

 


さてこれでシメだ。「ソーキそば」


やっぱり沖縄料理の最後は食べたくなるよね、ソーキそば。
普通に美味いです。


後半はこの「ピイバチ」ってのをかけてみる。
これ沖縄在来の長胡椒だそうだ。
かけてみると「うん、これ沖縄料理だわ」って感じに独特さが増す。
いいな、これ。

 


気分が乗ってきたので、最後は生搾りシークァーサーサワー」で余韻を楽しんだ。
シークァーサーを生搾りで飲んだの初めてだ。

 

この店はまた来よう。

遠征してでも食べたいプレミアランチ(96)「ランチハウス ミトヤ」

今日は池袋の定食屋「ランチハウス ミトヤ」に遠征だ。


ここは洋食スタイルの定食屋で、
焼肉、ハンバーグ、揚げ物といったガッツリ系のメニューが多い。
それらを組み合わせて注文する事も可能だ。
近くには立教大学もあるので、腹ペコ学生の客も多いのだろう。
そんな中で今回俺様が選んだのは、「ダブル大盛カリージャワ焼肉定食」
そして追加トッピングに「W目玉焼き」だ。
やがて定食がやってくる。


カリージャワ焼肉とは、玉ねぎと豚バラ肉をカレー粉と一緒に炒めたもの。
キャベツの千切りつき。
目玉焼きはWなので2玉。
あと白米と味噌汁。構成としてはシンプル。
そしてこのカリージャワ焼肉がえげつなく美味いww
肉を一切れ口に入れるだけで、白米を求めてやまなくなる。
それに目玉焼きを一緒に食べるとなおグレート。
満足はしたんだけど、
計1230円払ったら、もう少しオカズの点数は欲しいところ。
ちなみに「ダブル大盛」というのはライスと焼肉が両方大盛という意味だが、
この店はどんな定食も無料でライス大盛に出来るので、
このネーミングはズルい。


次回はもう少しバラエティ豊かな組み合わせを考えてみよう。

カレー番長への道 ~望郷編~ 第494回「タイガーベル」

今回は川口「タイガーベル」でカレー修行だ。


ここは以前「Curry庵 味蕾」という横風カレーの店があった場所。
居抜きのカレー屋さんに別のカレー屋さんが入ったのか?
それともイメージチェンジなのか?


店の看板がめっちゃ手書きだw
店内の間取りは変わっていない様子。
カツカレー、チキンカレー、野菜カレー、完熟トマトとほうれん草のチーズカレー、
オムチーズカレー、メンチーズカレーといったものがグランドメニューで、
そのほかに本日のおすすめというメニューもあるようだ。
この日はスタミナポークカレー、チキンカツ炙りチーズカレー、
スタミナエッグ丼の3種がそれにあたる。
トッピングも野菜、メンチ、目玉焼き、チーズ、生たまご、トンカツ、
ウインナー、フライドウインナー、チキンカツといったものが追加できる。
辛さは普通、中辛、辛口から選択。プラス50円で激カラにも出来る。
俺様は「スタミナポークカレー」大盛目玉焼きを追加、辛さは普通にした。
やがてカレーがやってくる。


ライスだけ大盛のつもりで頼んだが、ルーの海もかなりの量だ。
おや?目玉焼きは別皿で来るのかな?
しばらく待っても作ってる気配が無いので聞いてみたら
「いま作ります!」とのこと(^◇^;)
仕方ないので食べ始める事に。
ライスは白米。その上に玉ねぎと一緒に炒めた豚バラ焼肉。
ルーの方も玉ねぎの甘味を感じる正統派のジャパニーズカレー。
「味蕾」の煮込み系欧風カレーとはやはり違うから無関係なのかも。
豚バラもカレーの具として機能。

 


半分ほど食べた頃に目玉焼きが到着。
味変にちょうどいいや。
「本日のおすすめ」の中から注文すると
なぜか味噌汁と漬物がついてくるw
正直、どちらもカレーにはイマイチ合わないから、
これつけるなら何かトッピングをサービスしてくれた方がいいかなと思ったり。

 

川口に来た時のランチ候補として覚えておこう。
次はオムチーズカレーに何かトッピングしたものにしようかな。

遠征してでも食べたいプレミアランチ(95)「ベト屋」

今回は築地にある「ベト屋」に遠征だ。


名前の通りベトナム料理店だ。
入り口横に設置されているタッチパネル注文マシーンでメニューを決める。
大別するとフォー、米麺ブン、バインミーのいずれかを選択する事になる。
俺様は「定番牛肉フォーと春巻きのセット」で、
麺大盛、牛肉増量、パクチー増量でまとめた。
マシーンから排出される紙に注文番号が書かれているので、
番号で呼ばれるまでセルフサービスのパンダンリーフ茶を飲んで待とう。
やがてフォーがやってくる。


フォーは優しいあっさりスープだけど、
しっかりと牛肉の旨味が滲み出ている本格派フォー。
肉増量したから食べ応えもガッツリ。


麺はバラつきがあって、食感が楽しい。
それはいいんだけど、
数本かたまってちゃんと解けてないのがあるのはやり過ぎだ(^◇^;)

 


後半はレモンを絞り、増量パクチーをドスン!
これぞパクチー圏料理の醍醐味なり。

 


フォーばっかりずっと食べてると口が飽きるので、春巻きはベストパートナー。
生春巻きと揚げ春巻きの両方提供されるのがいいね。

 

店内はファーストフードスタイル
お客さんは外国人も多いみたい。
わざわざ日本に来てベトナム料理食べるんだから、
味が認められている証拠だろう。
次回はバインミーを食べに来ようかな。