同人ソフトに音楽ディスクあり

ときおり無性にサウンドボードIIの音色が恋しくなる事がある。
だがCDやスマートフォンのように気軽に再生というわけにはいかない。
目的のゲームを起動させてもすぐにはその曲には辿り着かないし、
全てのゲームにミュージックモードがあるわけじゃない。
そんなときに俺様は同人ソフトの音楽ディスクを手に取る。

音楽ディスクとは何か?

同人ソフトは即売会などで配布されている
個人やサークルが自作したプログラムである。
その中の一ジャンルに音楽ディスクというものがあった。
パソコンで音楽を演奏させる事だけに特化させたプログラムの事である。

ここでは「音楽ディスク」としているが、
固定した名称はなく「音楽集」「MusicDisk」などとも呼ばれていた。

主な構成としては、
曲が鳴るごとに曲名や作者名などを表示、
それと同時に作者やサークル代表者のコメントが表示される・・
というスタイルが一般的だった。
コメントに書かれているのは曲に関する補足のみならず、
雑談、近況報告、まったく関係無い話など様々。
そのコメントからサークルの性格や空気感を推し量る事が出来た。
曲を聴きながらサークル活動が身近に感じられる音楽ディスクは、
同人ソフトという媒体を最も上手く活用した方法
だったように思える。
値段も100円~200円という低価格で配布しているものが多く、
即売会に行くたびに音楽ディスクを買い漁るのが楽しみの一つであった。
音楽ディスクの場合、サークル間の交流が盛んに行われており、
1枚のディスクにサークルの異なる複数の作者がコラボしている事も珍しくなかった。
また有名サークルになると、
その音楽ディスクに収録される事が一つのステータスのようになり、
サークル宛に音楽プログラムが投稿という形で集まるケースもあった。
もはや音楽ディスクはパソコンソフトという枠を飛び越えて
コミュニケーションの手段としての役割も担っていたようである。

そんな音楽ディスクであるから、市販ソフトにはほとんど登場しなかった。
俺様が把握しているものだと、
『テレネットミュージックボックス(日本テレネット)』ぐらいしか思い当たらない。

f:id:g16:20141015161635j:plain

こちらは日本テレネット初期(アメリカントラック)から
最新タイトル(デスブリンガー)までのBGMを収録した気合の入りよう。
実に150曲以上が収録されている。(2980円)

他にはミュージックテープが付属した光栄の“fromサウンドウェア”シリーズぐらいか。
市販ソフト化となると値段もそれなりになるし、
メーカーも商売になるとは思わなかったのだろう。
(オマケとしてサウンドモードが隠されているゲームは多々ある)

ちなみに珍しいところでは
エメラルドドラゴン スペシャルディスク』というものがある。

f:id:g16:20141015161202j:plain

これはパソコンゲーム雑誌コンプティーク』の懸賞品として製作されたものだ。
こちらの内容は、本編内で使用されたBGMとともに
未使用ビジュアルが表示されるという貴重なもの。
演奏している曲名が表示されないのが残念。

最後に情報がまったく無いので知っている方がいれば教えて欲しいのだが、
人から頂いたディスクの中に紛れ込んでいた
クリスタルソフト『Digital Juke Box』なるソフト。

f:id:g16:20200129003606j:plain

『Jehard』『クリムゾン』『Mr.プロ野球』『バトルゴリラ』、
といった4タイトルのBGMを聴く事が出来る音楽ディスク。

クリムゾン未使用曲「はるかなる旅立ち」、
バトルゴリラ未使用曲「REST SOLDIER」が収録されているのが貴重!

非売品らしいけど、どんな経緯でどこに出展されたものなのか?

8ビット時代にエニックスが行った大胆な人材募集

昔のエニックスゲームのマニュアルにはこのような記述があった。


■オリジナルゲーム・ユーティリティ各ソフトの作者、移植者、商品企画者募集

当社では、一般から持ち込まれる作品に適切なアドバイスを行ない、
作者の名前で商品化しております。
また、当社商品を他機種に移植、
ないしは移植を希望される方のご応募をお待ちしております。
(あなたのお近くに実力のある方がおられましたらお知らせ下さい)。
そのほか、こんな商品が欲しいとか、
奇抜なアイデアや企画がありましたらお寄せ下さい。
商品化させていただきました作品に対しましては、
当社規定の印税をお支払い致します。


エニックスがアマチュアの投稿したゲームを積極的に商品化していた事は有名だが、
まさか自社ゲームの移植まで募集していたとは!
「自分の持っているパソコンにも発売して欲しいなら自力で移植すればいいじゃん
という時代である(笑)。
当時のプログラマーがその気になっていれば、
ドラゴンクエストが88やFM-7でもリリースしていたかも知れないんだな。
(ドラクエ誕生の時期まで募集を続けていたかは知らないけど)

さらに驚きなのは自薦だけでなく“推薦で”
「実力のあるプログラマー」を募集していたこと。(^_^;
ジャニーズのアイドルじゃないんだから・・。
「もしもーし!僕の隣に住むAさんは凄いプログラマーですよ~!」
みたいな電話が果して掛かってきていたのだろうか?

88デモディスクの魅力

88本体を購入して、まず最初の楽しみは何だろうか?
おそらくは多くの人がまず立ち上げたのがデモディスクであったと思う。

f:id:g16:20080807121906j:plain

デモディスクとは、
主にビジュアルとサウンドで構成されたオートプレイのプログラムが収録されたもの。
今で言えばベンチマークソフトみたいなものか?

f:id:g16:20080807121926j:plain

これを見れば、自分の買った88がどれほどのビジュアル能力があり、
どれほどの音源を積んでいるかを体感する事が出来た。
自分が凄いものを買ったんだという実感をこのソフトで噛みしめたわけである。

デモディスクは機種ごとにオリジナルのものが製作されており、
店頭や友達の買った機種のデモディスクを見るのも楽しかった。

俺様が最初に買ったMRのデモディスクは、
アントニオ・ヴィヴァルディ作『四季』の演奏とともに
バレリーナの絵がアニメーションするという内容だったと記憶している。

ちなみにMA2及びFEでは、デモディスクは付属されず、
かわりにマスコットキャラクターの“マックベア”を使った
絵合わせパズル『パニックベアー』というゲームソフトが付いていた。

どんなに当時のゲームが復刻されても、
これらのデモディスクが復刻される事はまず無いと思われるが、
もしまだそれらを持っている人がいるなら、
久しぶりに起動してみてはいかがだろうか?
デモディスクを起動させ、
ノルタルジックな鑑賞に浸りながら焼酎でもあおるのも粋だよね。

 

f:id:g16:20080807121942j:plain

 

カレー番長への道 ~望郷編~ 第229回「エピタフカレー」

新宿三丁目ゴールデン街
昼間に訪れるとゴーストタウンのように静まり返っている。
それもそのはず。
狭い呑み屋が密集したこの地帯は、ほぼ全ての店舗が昼は店を閉めている。
だがそんな中で異様な行列を作る店があった。
それがこの「エピタフカレー」である。

f:id:g16:20200126000718p:plain

調べると12時から営業開始でカレーの終了とともに店仕舞い。
夜は別の店になる、いわゆる間借りカレーだろうか?
列に並び、30分ぐらいして店内へ入る事が出来た。
カレーは3種類。
ケララチキン」「トマじゃがサグカレー」「ポークビンダルーMARKⅡ」
というタイトルがメニューに書かれている。
この感じだと日によってカレーの種類が変わるのだろう。
1100円で“2種あいがけカレー”が頼めるので、
俺様はケララチキン」「トマじゃがサグカレー」を選択。
プラス100円で大盛りにしてもらった。
(どうせなら3種類とも食べたかったが)

10分ぐらいでカレーがやってくる。

f:id:g16:20200126000819p:plain

色鮮やか!
ライスのダムで2種のカレーが仕切られている。
ライスの上にはパクチーが少しと、キャベツの漬け物が乗っている。
まずは「ケララチキン」から食べてみよう。
インド・ケララ州の名物カレーらしい。
ココナッツの甘味が効いてて爽やかなカレー。
純粋に美味いと思えるカレーだ。
続いて「ポークビンダルーMARKⅡ」。
こちらは、ニンニク、米酢、スパイスで豚肉をマリネし、
しっかり煮込んだカレーとのこと。
口に入れた瞬間にコクと酸味がブワッと広がる!
うおっ!こいつは刺激的だぜ!!
2種類とも美味いカレーだが、ずっと食べ続けたいのは「ケララチキン」かな?
あとキャベツの漬け物がうんまいっ!
これもっと食べたい。カレーとカレーの合間に常に食べたい(^^;

ゴールデン街ももっとこういう間借りカレーが増えたらいいのにね。
そうすれば昼は「間借りカレーストリート」として名物になるんじゃないかな?

集中攻略『ミスターバンプ』

f:id:g16:20200125005353p:plain

発売元:COMPTIQ
発売時期:1984年4月
定価:6800円
機種:PC8801
(そのほかX1、スーパーカセットビジョンなど)

 


~紹介~

海外で多くの機種に移植された有名なアクションゲームを移植したタイトルだ。
ちなみに本作は現在スマートフォン向けに移植されたものまで存在しており、
海外でのネームバリューの高さが伺える。
(タイトルはマイナーなのにw)

 


~解体~

f:id:g16:20200125005654p:plain

主人公はカナディアン山脈のポリスの精鋭バウンティ・ボブ。
お尋ね者のヨハンを追って炭坑を操作するというお話。
ゲームはパックマンドンキーコングを足したような感じで、
サイドビューのマップに仕掛けられたトラップを読み解きながら、
全ての通路を踏みならすと1面クリアとなる。
モンスターに触れるとミス。
ステージに点在するアイテムを取ると、数秒の間はモンスターを倒す事が出来る。
高いところから落ちたりしてもミスだ。
特に通路の端は落ちやすいので慎重にプレイしなければならない。
8キーでジャンプ。4キーと6キーで左右に移動。
移動しながらジャンプすると斜めジャンプも出来る。
このゲーム最大の難点はハシゴ昇りである。
なぜかハシゴを登るときは5キーを使用する。
しかもハシゴとの軸がしっかり合っていなければ反応してくれない。
軸がなかなか合わずタイムオーバーになることも多発するぜ(-_-;
(5キー押しっぱなしで左右移動するのがコツ)

そんな難点もあるが、本作の構成は良く出来ていると思う。
モンスターはそれほどアグレッシブではなく、決まった場所を往復している。
なので、どのモンスターをどのアイテムで先に倒すと道が開けるか?
といったパズル的な思考を楽しむ事が出来るのだ。
これはルートを考えて素早く実行するゲームなのである。

f:id:g16:20200125005859p:plain

ステージ2になると滑り台があったりして攻略が面白難しくなる。
時間制限も厳しい。

 

~MEMO~
・作者はBill Hogue

テレビ東京『P・コング』についてのメモ

パソコンを題材にしたテレビ番組と言えば
山下章氏なども出演していた『パソコンサンデー』が有名だが、
1992年にテレビ東京で放送されていた
『P・コング』という番組も思い出して欲しい。
ウィキペディアにすら登録されていない超ドマイナーな番組なので、
情報としてここに記しておきたい。

f:id:g16:20120521175311j:plain

司会はくず哲也さんでアシスタントは高原うつみさん
30分番組で、いつ始まった番組なのかは不明。最終回は1992年8月頃だと思われる。
CAVソフトがスポンサーについていた事もあり、
珍しいパソコンゲームのCMが流れていた。
(『ディガンの魔石』『コンストラクターズグランプリ』など)

エンディングはアイドルっぽい女の子がうたう『大人になれない君だから』

f:id:g16:20200123221051p:plain

曲名検索しても出てこないんで誰が歌ってたのか不明だ。(^_^;
最終回では出演者だけでなくスタッフも名前付きでエンドロールに登場していたが、
プロデューサーだけは目に黒線が入っていたw

f:id:g16:20200123223000p:plain



コーナー名「ソフトコングTOP10」

f:id:g16:20200123223149p:plain

全国5つの販売店での売り上げと番組による調査を集計し、
その週に売れたパソコンソフトを1位~10位まで紹介していくコーナー。
ランキングの中から選ばれた数本はゲーム内容も紹介された。
また、“今週のSELECT1”と題して
ランキング入りしていないソフトも1本紹介されていた。
解説はパソコンソフト評論家の谷口典生さん。
ちなみに最終回での順位は以下の通り。

→1位:『大戦略IV』(システムソフト)
↑2位:『ぽっぷるメイル』(日本ファルコム)
↓3位:『Super野球道』(日本クリエイト)
→4位:『グロス・ドイッチュラント』(ジェネラル・サポート)
↑5位:『緋王伝』(ウルフチーム)
↓6位:『クラシック・ロード1』(ビクター音楽産業)
→7位:『宇宙海賊キャプテン・ハーロック』(ブラザー工業)
↓8位:『三國志III』(光栄)
初9位:『スプラッターハウス』(ビング)
↓10位:『F-19 STEALTH FIGHTER』(マイクロプローズジャパン)
SELECT1:『風、スローダウン』(ファーストクォーター)


コーナー名「PICK-UP コング」

f:id:g16:20200123223239p:plain

毎回パソコンの様々な話題の中から一つを選んで追求していこうというコーナー。
覚えている限りの内容をここに記しておく。(全てではない)

 

特集【乗り物シミュレーションが面白い!!】

f:id:g16:20200123223348p:plain

レポーターの女の子が業務用のフライトシミュレーターや
ドライブシミュレーターを体験。
スタジオではAMIGAのF1シミュレーションゲーム
『WORLD CIRCUIT』(マイクロプローズジャパン)
IBM PCの潜水艦シミュレーター『SILENT SERVICE II』(マイクロプローズジャパン)、
IBM PC複葉機フライトシミュレーター『RED BARON』(シェラオンライン)、
IBM PCの戦闘機フライトシミュレーター
『F-117A NIGHTHAWK STEALTH FIGHTER 2.0』(マイクロプローズジャパン)、
IBM PCの戦闘ヘリフライトシミュレーター
『GUNSHIP 2000』(マイクロプローズジャパン)、
PC-9801の戦闘機フライトシミュレーター『AIR COMBAT II』(システムソフト)、
PC-9801の戦闘機フライトシミュレーター
『F-19 STEALTH FIGHTER』(マイクロプローズジャパン)を紹介。
最後の『F-19 STEALTH FIGHTER』はスタジオでもプレイも行った。
解説の人がマイクロプローズジャパンの人だったので、
メーカーに偏りがあったのは仕方のないところだ。(^^;

 

特集【パソコンミュージックが面白い!!】

f:id:g16:20200123223508p:plain

ゴダイゴのギタリスト浅野孝己さんが登場。MIDIのデモ演奏などを披露&解説。
『RCM-PC98 ver 2.3』(カモンミュージック)を使って
即興で作曲のデモンストレーション。
レポーターの女の子が自主CDが制作できるという会社を訪問してCD制作を体験。
3時間でCDが焼けるとのこと。
CDライターの進化すげぇw。

 

特集【教育とパソコン -その最新事情-】
コンピューターによる教育を実践しているという世田谷区の中学をレポート。
スタジオでFM-TOWNSの『おばあちゃんの知恵袋』(ぎょうせい)、
FM-TOWNSの『電脳絵本 恐竜の世界』(電脳商会)、
FM-TOWNSの『HYPER PLANET』(ダットジャパン)、
-TOWNSの『世界のおはなし』(ぎょうせい)を紹介。
パソコンを導入している相模原市の幼稚園をレポート。
幼稚園では園児がマッキントッシュで絵を描いていたw

f:id:g16:20200123223622p:plain


特集【ライフスタイルシミュレーション特集】
大手建設会社をレポート。
この会社で作っている建設イメージのCG(スペースコロニーなど)を紹介。
続いて住宅展示場でのレポート。
X68000の『マイクロ・イメージシンセサイザーシステム』を使って
家の外装や内容を変えられるデモを紹介。
スタジオではPC-9801の『シムシティ』(フォア・チューン)、
PC-9801の『シムアース』(イマジニア)、
PC-9801の『バランス・オブ・ザ・プラネット』(アクレイムジャパン)、
PC-9801の『Noah・ノア』(M.N.M.Software)を紹介。
システムサコムのノヴェルウェアシリーズで
シナリオを担当されていた多摩豊さんが解説。

 

特集【パソコンで100倍楽しいプロ野球!!】
ゲストにスポーツアナウンサーの大野勢太郎さんが登場。
日刊スポーツ新聞社をレポート。
新聞社の野球取材でパソコンをどのように活用しているのかを紹介。
スタジオに戻り、『日刊スポーツ プロ野球VAN』(SEGA)を紹介。
でもこれパソコンじゃなくてメガドライブだ。(^_^;
続いてFM-TOWNSの『The BestPlayBaseball』(アスキー)、
PC-9801の『DIAMOND PLAYERS』(ウルフチーム)、
PC-9801の『Super野球道』(日本クリエイト)を紹介。
『Super野球道』では大野アナが
ゲーム画面に合わせて実況中継をするという面白い試みも。

 

特集【人気爆発!!Macintoshの世界】
QuickTimeが新しいテクノロジーとして紹介された。
さらにMacintoshのどんなところが優れているのか?を解説。
続いてMacintoshの『SPACESHIP WARLOCK』(REACTOR)、
Macintoshの『Alice』(東芝EMI)、
Macintoshの『L-ZONE』(シナジー幾何学/インフォシティ)を紹介。

 

特集【プロもマッ青!!自作ソフト大紹介】

f:id:g16:20200123224648p:plain

テレビ番組で同人ソフトを紹介するという試みが実現していた!
さらに言うと、記念すべき88ソフトの画面が地上波で放送された回でもある。(^^)/
紹介された13タイトルのうち3タイトルは
実際に作者が出演してインタビューを受けながらゲームを紹介していた。
(同人界で最も顔の知られた唐沢氏(妖しげソフト)が登場!)
最後に解説の谷口氏がプログラムしたエロ同人ソフトも紹介された。
全体的にちゃんとゲーム主体で作ってるソフトを多種多様に紹介されており、
当時の同人ソフトがいかに魅力的だったのかが伺い知れる構成になっている。

 

特集【AV vs 美少女 あなたを興奮させるのはどっち!!】

f:id:g16:20200123225419p:plain

最終回で企画された特集。一気に番組が深夜放送っぽくなったw。
AV派とエロゲー派で討論するという形式で始まる。
AV派の論客として泰葉、夏みかん、藤 小雪という3人のAV女優が登場。
まずは登場したAV女優の作品を2本紹介。
そして対抗馬としてFM-TOWNSの『DoR2』(ディーオー)、
PC-9801の『今日もキャンパス花乱満』(コンピューターブレイン)を紹介。
紹介後の討論でも藤小雪が飛ばしているw。
その後、エッチ度チェックと称してサーモグラフィーで股間をチェックし、
AVを見た被験者とエロゲーをプレイした被験者の
どちらがより熱を帯びたかを比較するVTRが流れる。
全裸の被験者とサーモグラフィーで映された股間
分割画面になってる絵がくだらな過ぎるww。

f:id:g16:20200123225611p:plain

討論に戻って
「俺は童顔巨乳が好きだ。そういう娘はエロゲーにしかいない」
などの暴論まで飛び出す始末(爆)。
その流れでVTRにて心理学者に
「AVと美少女どちらが良いのか?」を聞きにいった映像が流れるw
それと同時にAV作品1本と
PC-9801の『魔女っ子クミ』(ファミリーソフト)の映像も流れる。
先生の結論は
「どちらにしてものめり込み過ぎは問題だ」だったww。
最後は和解するという形で、
AV女優が美少女ゲームのセリフを吹き替えるという流れに(^_^;
使用したゲームはPC-9801の『ピンクソックス7』(ウェンディマガジン)。
全体的にいつもの3倍楽しそうだったくず哲也さんが印象的だった。
このノリで全ての回をやってたら伝説の番組になってたかもね(爆)。

 


コーナー名「美少女倶楽部」

f:id:g16:20200123231448p:plain

六本木のキャバクラで
キャバ嬢と一緒にエロゲーを紹介する
という
下世話なコーナー(爆)。

(途中、くず哲也氏の仕事場で収録していた事もw)
解説は美少女ソフトマニアの桂 正治さん。
エロゲーのプレイ画面を
地上波で流していたレギュラー番組

後にも先にもこの番組だけだろう。
乳首などが描かれたシーンもちゃんと放送していた誠実っぷりだw。
ただし股間に関しては(禁)マークで隠されていた。

 

このコーナーで紹介されたタイトルの一部はコチラ
↓↓↓
ごめんねエンジェル(ジャスト/PC98)
CARAT(CUSTOM/PC98)
人形使い(フォレスト/PC98)
卒業写真&美姫(カクテルソフト/PC98)
マーシャルエイジ(天津堂/PC98)
エイシェント・ドラゴン(ソフトハウスアラジン/PC98)
シャレイドマジック(ハート電子産業/PC98)

 


コーナー名「Pコングメール」

f:id:g16:20200123231828p:plain

視聴者からのハガキを紹介するコーナー。
NIFTY Serveのテレビフォーラムや
PC-VANの電子メールでも投稿を受け付けていた。
が、実際に投稿が紹介される事は数回しか無かった(爆)。
とある回の手紙。
アシスタントの高原うつみさんに
「ペッティング」という言葉を言わせようと罠が仕掛けられた手紙だったがw、
高原さんはアドリブで「Pティング」と言って回避していたww

 

f:id:g16:20200123231927p:plain



わが青春のPCエンジン(41)「激写ボーイ」

f:id:g16:20200122211459p:plain

激写ボーイ
(アイレム)
1992年10月2日/アクションシューティング/7000円

 

f:id:g16:20200122211607p:plain

アイレムから突然変異的に発売された異色のアクションシューティング。
主人公デビッド・ゴールドマンはロサンゼルス・カメラ・学院の卒業試験として
ステージ上でスクープ写真を撮るという内容。

f:id:g16:20200122211741p:plain

フィルム数が尽きるか、スクロールの最後まで到達すると集計となり、
スコアが規定数に達していて、指定された写真を撮影できていればクリアとなる。

f:id:g16:20200122212256p:plain

ゲームがスタートするとステージ上にカメラを構えたデビットが登場。
方向ボタンで彼を操作するのだが、同じ操作で照準も画面内を動く。
(ジャンプボタンが唯一デビッド単独の操作になる)
被写体を照準の中に納めてシャッターを切ると得点が入るのだが、
照準操作と一緒にデビットが障害物にぶつからないように避けなければならない。
(ダメージを受けると一定時間操作不能になる上にフィルム5枚失う)
この仕様が本ゲームをとても難しいものにしている。

ただ被写体を写すだけでも得点になるが、
とあるタイミングでスクープの起こる被写体がいる。
その瞬間を撮影すると高得点となる。

また、特定の被写体は撮影すると追加フィルムを落としてくれる。
フィルムが尽きるとノーダメージでも強制終了してしまうので、
無駄にシャッターを切らずに追加フィルムを集める事も重要だ。
(最後の集計で余ったフィルムはスコアに加算される)

このようにしてフィルムを効率的に使いつつ、
スコア効率の良い被写体を確実に撮影する・・
そういったゲームなのである。

f:id:g16:20200122212534p:plain

このゲームをプレイすると本作が亜流のガンシューティングである事に気づく。
横スクロールしながら撃ち進む感覚は「オペレーションウルフ」を思わせるし、
照準とキャラクターを一緒に操作するという意味では、
ネオジオの「NAM-1975」や
アーケードの「ブラッドブラザーズ」などが感覚的に近い。
のちにスーパーファミコンで発売される「ワイルドガンズ」とか。

被写体の出現パターンを覚えないといけないので、
トライ&エラーが前提のゲーム設計になっている。
ステージ再挑戦は無制限にできる。

ステージの舞台や登場する被写体などが面白く、パロディ精神も満載。
ステージ順にご紹介していこう。


ステージ1「ストリート」

f:id:g16:20200122212751p:plain

クララが立った!

 

f:id:g16:20200122212820p:plain

ゲーム&ウォッチの「ファイア」だねw


ステージ2「ダウンタウン

f:id:g16:20200122212854p:plain

世界のスーパースター!マイコォ!

 

ステージ3「遊園地」

f:id:g16:20200122212941p:plain

スピルバーグ作品も!?


ステージ4「海」

f:id:g16:20200122213051p:plain

およげ!たいやきくん」そのまんまだけど、
これよく大丈夫だったな・・(^^;


ステージ5「美術館」

f:id:g16:20200122213146p:plain

モアイの口から輪っかが・・

 

f:id:g16:20200122213221p:plain

何気に名画がよく描けてるw

 

ステージ6「シーサイド」

f:id:g16:20200122213300p:plain

エロス!

 

ステージ7「お化け屋敷」

f:id:g16:20200122213349p:plain

またマイケルでてきたww


ステージ8「西部劇」

(特に面白いネタ無かったので画像撮るの忘れたw)


ボスステージ「もぐら叩き」

f:id:g16:20200122213450p:plain

校長が「次はワシが相手だ」とい言うから
「へ?相手とは?」と思ったらミニゲームチックなのが始まったw

f:id:g16:20200122213541p:plain

校長が出現する窓に素早く正確に照準を合わせてシャッターを切らないとならない。
超難しいんですけど~って思ってたんだけど、
シャッターを連打で切り続けるとゲームがコマ送りになるので、
簡単に被写体をとらえられる事が出来るという攻略法を発見してしまう(^^;
(このステージはフィルム無制限)

 

f:id:g16:20200122213925p:plain

ゲーム を かんがえたひと
おおくぼ りょういち
ながしま まさと
さかい かずひろ

f:id:g16:20200122214003p:plain

プログラム したひと
おおくぼ りょういち
さかい かずひろ

f:id:g16:20200122214032p:plain

え を かいたひと
ながしま まさと
よしだ たかを
つじもと ふみこ
かさはら けん

f:id:g16:20200122214059p:plain

おんがく を つくったひと
おおくぼ たかね

f:id:g16:20200122214121p:plain

アドバイス したひと
よしおか もとゆき
さいとう たかひろ
のでら まさり
たかはし ゆきお

f:id:g16:20200122214149p:plain

プロデュース したひと
よしおか もとゆき
さかい かずひろ

f:id:g16:20200122214222p:plain


このゲームの開発会社は、
スーパーファミコンの「いただきストリート2」や
SIMPLEシリーズ「THE 推理」「THE 監察官」などを開発したトムキャットシステム