ゲーム

88ゲーム回想録(62)「ミオのミステリーアドベンチャー」

ミオのミステリーアドベンチャーシステムソフト4500円PC-8801 1979年に福岡で創業されたシステムソフト。8001向けのコンパクトなゲームを多数リリースしていた同社が(おそらく)初めて手掛けたアドベンチャーゲームである。 ミオはパパとママがお出かけしたの…

MSXとはMSXの事である 第40回「夢大陸アドベンチャー」

夢大陸アドベンチャーコナミ1986年10月4980円 「けっきょく南極大冒険」から2年10ヶ月後に登場した続編。基本的な構成は一緒だが、超シンプルだった前作から様々なギミックが組み込まれている。また、本作はファミコンなどの他ハードに移植される事は無く、(…

MSXとはMSXの事である 第39回「けっきょく南極大冒険」

けっきょく南極大冒険(コナミ)1983年12月/MSX(ROM)/アクション/4800円 このゲームが発売される約5ヶ月前にファミリーコンピュータが発売されている。その後、ファミコンの爆発的普及によって、子供達がこぞって家でテレビゲームを遊ぶようになるわ…

「暗黒城」シナリオログ

暗黒城発売元:エニックス発売日:1984年7月発売(88版)定価:5300円メディア:5インチディスク1枚組 物理学者リュウ・エンジェルは、宇宙の創造神ギャリアンに新たな世界を創造する「神の使い」に選ばれた。そしてなんと彼は遥か60億年以上昔、ビッ…

集中攻略『トロピカルボーイ』

発売元:エニックス発売時期:1983年10月定価:3600円機種:PC8801メディア:テープ ~紹介~ このゲームは第2回ゲーム・ホビープログラムコンテストの入選プログラム賞を獲得したタイトルである。このときの最優秀プログラム賞は「FANFUN」。優…

やっぱりセガが好き第106回「JuJu伝説」

JuJu伝説セガ1992年1月31日/アクション/6000円 データイーストの海外部長だった横山忠さんが独立して作ったTADという会社が、1989年にアーケード向けにリリースしたタイトルの移植。移植を担当したのはホワイトボード(サントス)という開発会社。「JuJu伝説…

ファミっ子の忘れ物(02)「R-TYPE III:THE THIRD LIGHTNING」

~前置き~ 「ファミっ子」とは、リアルタイムに任天堂ハード(主にファミコンだが)を楽しんだ勇者達の事である。当時、「ファミっ子大作戦」「ファミっ子大集合」といった子供向けテレビゲーム情報番組もあった。そんな「ファミっ子」も大人になって思い出…

「エルドラド伝奇」シナリオログ

エルドラド伝奇発売元:エニックス発売日:1985年5月発売(88版)定価:7800円5インチディスク2枚組 ★待望の槇村アドベンチャー堂々完成!アキラを殺したのは誰だ!?ホシコを誘拐した目的は!?アキラの残したメモを手掛かりに、君はアマゾンの奥地に存在…

やっぱりセガが好き第105回「機動警察パトレイバー 98式起動せよ!」

機動警察パトレイバー 98式起動せよ!マーバ1992年10月23日/アドベンチャー/7800円 「機動警察パトレイバー」は言うなれば、“アニメーション作品の最先端”だった。ゆうきまさみ、出渕裕、高田明美、伊藤和典、押井守といった一線級の才能とセンスを持った…

やっぱりセガが好き第104回「ファイアームスタング」

ファイアームスタングタイトー1991年5月31日/横シューティング/6800円 NMKが開発したアーケードゲーム「USAAF ムスタング」を移植したもの。アーケード版は販売がUPLだったが、本作はタイトーになっている。ゲームの構成は同じくNMKが開発した「P…

EGRETⅡ mini収録タイトルレビュー(24)「究極タイガーII」

究極タイガーII1995年リリース 東亜プラン開発の「究極タイガー」。その名を継ぐ続編である。本作を開発したのはタクミコーポレーション。東亜プランは1994年に倒産しており、タクミコーポレーションは一部のスタッフが移った会社の一つである。設立したのは…

EGRETⅡ mini収録タイトルレビュー(23)「ゆうゆのクイズでGO!GO!」

ゆうゆのクイズでGO!GO!1991年リリース アーケードタイトルとしてクイズゲームの火付け役となったのは、おそらく1989年の「アドベンチャークイズ カプコンワールド」だろう。その後、90年代前半まで人気ジャンルとして各社からクイズゲームが生み出されてい…

2023年Switch総括

毎年年末にやっていたSwitch総括だが、2023年まとめは年明けになってしまった。2023年にリリースしたSwitchタイトルで印象的だったものを思い出していこう。今年リリースされたSwitch向けゲームで購入したタイトルは83本だった。(アケアカなどの復刻ゲームは…

EGRETⅡ mini収録タイトルレビュー(22)「クライムシティ」

クライムシティ1989年リリース タイトーの内部開発となるサイドビューのアクションゲームだ。前年に稼働している「チェイスHQ」という犯人追跡ドライブゲーム。その主人公である白人刑事トニー・ギブソンと黒人刑事レイモンド・ブロディーを操作するスピン…

EGRETⅡ mini収録タイトルレビュー(21)「特殊部隊U.A.G.」

2023年12月21日。2022年12月22日に発売された「イーグレットツー ミニ アーケードメモリーズ VOL.1」から約1年。ついに「イーグレットツー ミニ アーケードメモリーズ VOL.2」がリリース! 収録されているゲームは同じく10タイトルで、値段も税込み8,778円と…

「ザ・デストラップ」シナリオログ

ザ・デストラップ発売元:スクウェア発売時期:1984年10月定価:9800円対応機種:PC-8801メディア:ディスク3枚組 徳島県の電気工事会社「電友社」。そこのソフト開発部門としてスクウェアは生まれた。電友社は、創業者である宮本雅史さんの父親が経…

ドッツ作品集 #021(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 021 【「ビックリマンワールド」よりヘッドロココ】子供の頃に集めていたビックリマン。そんな中でもキラキラシールと呼ばれていたヘッドの描かれたものは憧れのアイテム。ヘッドロココはそんなヘッドの代表的…

ドッツ作品集 #020(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 020 【「ラスタン・サーガ」よりラスタン】タイトーのファンタジーアクションゲーム。見てわかる通り、アーノルド・シュワルツェネガーの出世作「コナン・ザ・グレート」の主人公コナンにそっくりのキャラクタ…

ドッツ作品集 #019(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 019 【「カトちゃんケンちゃん」より志村けん】稀代の天才コメディアン、志村けんさん。志村けんさんがゲームキャラクターとして登場したのはPCエンジンの「カトちゃんケンちゃん」一度だけだったと思う。え?…

ドッツ作品集 #018(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 018 【「信長の野望武将風雲禄」より武田信玄】これドット数が多くて凄く大変だった。端っこが余ったので家紋で埋めてみたwこういうデカい作品の難点は、他の作品で必要なパーツを大量に使用してしまうこと。…

ドッツ作品集 #017(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 017 【「トルネコの大冒険」よりトルネコ】「不思議のダンジョン」シリーズと言えば「風来のシレン」に熱中した人が多いと思うが、実は俺様は1作目の「トルネコの大冒険」の方が好きである。構成要素がシンプ…

ドッツ作品集 #016(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 016 【モンスターランド】アーケードゲームで一番好きなアクションゲームは何か?と聞かれたら、「モンスターランド」と答えるかも知れない。アーケードのアクションゲームって難易度の壁が立ち塞がって1コイ…

ドッツ作品集 #015(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 015 【「東海道五十三次」よりカン太郎】ファミコンで一番好きなアクションゲームは何?と聞かれたら、間違いなく「スペランカー」なのだが、2番目はこのゲーム「かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次」…

ドッツ作品集 #014(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 014 【パソコンゲーム2大ヒーロー】8ビットパソコンゲームの2大ヒーローと言えば、「イース」のアドルと「ハイドライド」のジムではないだろうか?昔のパソコンゲームのドット絵をドッツで表現するにはコツが…

ドッツ作品集 #013(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 013 【ドルアーガの塔ファミリー】これはもうお馴染みのドット絵だね~。お馴染み過ぎてコメントが思いつかんわ(爆) ファミリーついでにドラスレファミリーw あ、一人忘れてたわ。

ドッツ作品集 #012(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 012【スパルタンX】 「スパルタンX」はジャッキー・チェン主演の映画だが、その映画を題材にしたゲームがアーケード向けにアイレムから出ていた。また、それはファミコンにも移植され、多くの人に認知されるよ…

ドッツ作品集 #011(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 011 【マッピー】 マッピーのドット絵って本当にキャッチーだと思うんだよね。この時代にここまで無駄のないドットを打つセンスは神懸かっていると思う。当時のナムコキャラクターでは、パックマンがもの凄い…

ドッツ作品集 #010(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 010【ソーサリアンのパーティ】生成したキャラでパーティを組ませ、完全に独立したシナリオ群を同一キャラで攻略できるサイドビューのアクションRPG。俺様も当時、夢中になって遊んだ日本ファルコムの名作であ…

ドッツ作品集 #009(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 009 【新入社員とおるくん】なかなかリメイクや復刻がされないアーケードゲームだ。アーケードアーカイブスに出てきてもおかしくないゲームだが、何か引っかかる事でもあるのだろうか?

ドッツ作品集 #008(再掲)

今日もかつて俺様が作ったドッツ作品をご紹介。 008【スポーツゲーム連作】ファミコン時代は、定番タイトルとしてスポーツゲームが頻繁にリリースされていた。 まずは「ハイパーオリンピック」より選手。子供の頃、このキャラもマリオだと思っていたwまだコ…