カレー番長への道 ~望郷編~ 第461回「和酒バル燻銀」

今回は築地にある「和酒バル燻銀」でカレー修行だ。
この店は日本酒バルなのだが、
毎週金曜のみカレーランチを行っている。
(他の曜日はカレー以外のランチ)

 

注文できるカレーは1種類。1000円。
ライス大盛り無料で、200円追加するとルー増しも可能。
俺様は大盛り&ルー増しでお願いした。
やがてカレーがやってくる。


この日は「どんこ出汁のスパイスチキンカレー」とのこと。
“どんこ“って干し椎茸の事かな?
それとも魚のドンコ?
出汁に使うって事は干し椎茸かな?
カレーはシャバシャバ系。
クオリティの高いスパイスカレーに仕上がっている。
純粋に美味い。
ターメリックライスの上にはフライドオニオン、
ニンジンと紫キャベツのアチャール、サラダが乗っている。
カレーと混ぜて味変に良い。
特にフライドオニオンは大活躍。
それにしてもルー増しにして正解だった。
俺様の2組後に来たお客さんでカレーが終了していた。あぶねー!
週一しか食べられないレアなカレー。
日によってカレーの内容も変わる模様なので、また金曜に来てみるかな。

 

 

【2024年2月9日追記】

この店は毎週カレーの内容が変わるようなので、
金曜になるべく調査に向かいたいと思う2024年。
今回のカレーは「納豆と梅干し和出汁のスパイスカレー」
無料で「ライス大盛り」、200円で「ルー増し」、200円で「チーズ追加」、
100円で「卵黄追加」が出来るようで、
俺様は大盛り、ルー増し、卵黄追加でお願いした。
計1400円。やがてカレーがやってくる。


カレーのベースはチキンカレーのようだ。
カレー全体にナッツが効きまくり。
これはナッツカレーだ!
カレーの上に浮いてるのはアオサかな?
ライスの上にはニンジンとほうれん草のアチャール
黒豆、カツオ節、リーフレタスなどが乗っている。
黒豆は甘く煮られている。
そして左側の赤いのは福神漬けではなく刻まれたカリカリ梅。
思ったより主張が少なく、後方支援にとどまっているのが良い。
出汁が強く出ているカレーなので、追加した卵黄はあまり効果を発揮しなかった。
あれ?そう言えば納豆ってどこに入ってたんだろう?
ルーに溶け込んでたのかな???
全体的にバランスのとれた出汁カレーなんだけど、
一般的なカレーとは異質な素材のオンパレードであったために、
カレーとは違うオリジナル料理にも思えるぜ。

 

 

【2024年2月16日追記】

今回のカレーは
ごぼうとほうれん草のポタージュチキンカレーと
スパイシーポークキーマの合いがけ」だ。
プラス200円で「八丁味噌花椒カレー」もつけられたが、
それはやり過ぎと思ったので、
合いがけカレーをルー増しライス大盛りで注文した。
待てよ?
ルー増しにするくらいなら、
八丁味噌花椒カレー追加したら良かったじゃん(^◇^;)
やがてカレーがやってくる。


カレーの緑はほうれん草の緑だ。
味もインドカレーのサグチキンに極めて近いタイプ。
そして写真での見た目以上にチキンがゴロゴロ入ってる。
いいぞいいぞ。
そしてライスの上にはポークキーマがこれまたどっさり。
肉祭りの開演じゃーっ!
豚と鶏を合わせてサグカレーと一緒に口に放り込む。
なんとも贅沢なミックスドマッチの実現だ。
横に添えられたレタスも後半はカレーと混ぜて食べてしまおう。
さっぱりとした味変になるぜ。

 

 

【2024年3月1日追記】
今日のカレーは「スパイシー牛すじカレー」
ライス大盛り(無料)生玉子(100円)をつけた。
やがてカレーがやってくる。


凄くシンプルで王道な牛すじカレー。
変則的なスパイスカレーがあったかと思えば、
こういうカレーも出してくるからここのカレーは飽きないね。
牛すじの旨味がちゃんとルーに溶け込んでいるし、くどくない。
そしてトロトロに煮込まれたスジ肉が具としてたくさん入ってるのもゴキゲン。