やっぱりセガが好き第15回「インセクターX」

f:id:g16:20200405233012p:plain

インセクターX
(ホット・ビィ)
メガドライブ/1992年7月24日/シューティング/7800円

 

f:id:g16:20200405233059p:plain

タイトーの同名アーケードゲームの移植だが、
本作は大胆な変更が加えられている。
アーケード版の画面がコチラ。

f:id:g16:20200405233152p:plain

虫をデフォルメしたポップなキャラクターは、
ネオジオの「ラギ」を思わせるね。
そんな世界観がメガドライブに移植されてこうなった。

f:id:g16:20200405233452p:plain

ポップだったキャラクターが急にソリッドな世界観に変わっちゃった!
魚とメカを融合したダライアス的なやつ!
メガドライブのユーザーに合わせてイメチェンした?
と思っていたのだが実のところは違う。
アーケード版の企画も開発もホット・ビィ
ホット・ビィがタイトーに本作を持ち込みしたときは、
メガドライブ版のようなデザインだったそうだ。
だがタイトー側はデフォルメキャラに変更するように指示。
アーケード版はああいう形でのリリースとなった。
だがメガドライブ版はホット・ビィが販売。
ホット・ビィは本来の「インセクターX」に戻してリリースしたってわけだ。

 

f:id:g16:20200405233635p:plain

Bボタンは快適なオート連射ショット。
敵を倒すと落とすパワーアップアイテムで自機を強化する。
とある強化で攻撃方法が増えるのでCボタンでも攻撃できるようになる。
Cボタンの攻撃は種類があるので、Aボタンで切り替え可能。

 

f:id:g16:20200405234138p:plain

f:id:g16:20200405234142p:plain

f:id:g16:20200405234147p:plain

f:id:g16:20200405234152p:plain

f:id:g16:20200405234204p:plain

f:id:g16:20200405234208p:plain

f:id:g16:20200405234212p:plain

f:id:g16:20200405234219p:plain

f:id:g16:20200405234227p:plain

f:id:g16:20200405234236p:plain


虫達のデザインはいずれもカッコいい。
(ミクロイドSみたいな自機はチマチマしててデザインに失敗してるけど)
このゲームはそんなバイオ虫達を鑑賞するのが最大の魅力であり、
そこを変えてしまったアーケード版はぼやけた作品に思える。

 

f:id:g16:20200405234422p:plain

さて、いよいよ最終ボス。
それにしても全5ステージの本作。
4面までは快適に遊べたが、5面になったら急激に難易度が高くなったなぁ。
とてもツライ最終面だったが、なんとか撃破。

 

f:id:g16:20200405234448p:plain

AFTER MANY VIOLENT BATTLES,
THE INSECTOR FIGHTER FINALLY DEFEATED SOVEREIGN BAGLON.
BAGLON'S AMBITION WAS COLLAPSED,
AND THE HARMONY BATWEEN NATURE AND INSECTS IS RECOVERED.
THANK TOU, INSECTOR FIGHTER 'KAIT'.
WE NEVER FORGET YOUR ACTIVITIES.

 

f:id:g16:20200405234508p:plain


スタッフロールは無し。