カレー番長への道 ~望郷編~ 第229回「エピタフカレー」

新宿三丁目ゴールデン街
昼間に訪れるとゴーストタウンのように静まり返っている。
それもそのはず。
狭い呑み屋が密集したこの地帯は、ほぼ全ての店舗が昼は店を閉めている。
だがそんな中で異様な行列を作る店があった。
それがこの「エピタフカレー」である。

f:id:g16:20200126000718p:plain

調べると12時から営業開始でカレーの終了とともに店仕舞い。
夜は別の店になる、いわゆる間借りカレーだろうか?
列に並び、30分ぐらいして店内へ入る事が出来た。
カレーは3種類。
ケララチキン」「トマじゃがサグカレー」「ポークビンダルーMARKⅡ」
というタイトルがメニューに書かれている。
この感じだと日によってカレーの種類が変わるのだろう。
1100円で“2種あいがけカレー”が頼めるので、
俺様はケララチキン」「トマじゃがサグカレー」を選択。
プラス100円で大盛りにしてもらった。
(どうせなら3種類とも食べたかったが)

10分ぐらいでカレーがやってくる。

f:id:g16:20200126000819p:plain

色鮮やか!
ライスのダムで2種のカレーが仕切られている。
ライスの上にはパクチーが少しと、キャベツの漬け物が乗っている。
まずは「ケララチキン」から食べてみよう。
インド・ケララ州の名物カレーらしい。
ココナッツの甘味が効いてて爽やかなカレー。
純粋に美味いと思えるカレーだ。
続いて「ポークビンダルーMARKⅡ」。
こちらは、ニンニク、米酢、スパイスで豚肉をマリネし、
しっかり煮込んだカレーとのこと。
口に入れた瞬間にコクと酸味がブワッと広がる!
うおっ!こいつは刺激的だぜ!!
2種類とも美味いカレーだが、ずっと食べ続けたいのは「ケララチキン」かな?
あとキャベツの漬け物がうんまいっ!
これもっと食べたい。カレーとカレーの合間に常に食べたい(^^;

ゴールデン街ももっとこういう間借りカレーが増えたらいいのにね。
そうすれば昼は「間借りカレーストリート」として名物になるんじゃないかな?