集中攻略『早川愛美のスネークキャンプ』

f:id:g16:20191123002055p:plain

発売元:宇宙企画
発売時期:1988年12月
定価:7800円
機種:PC8801mkIISR

 


~紹介~

f:id:g16:20191123002129p:plain

前回に続いて宇宙企画の実写AV女優シリーズ第6弾をご紹介。
『小森愛のドキドキラリー』の簡素な作りにも驚かされたが、本作はさらに上を行く。
このゲームにはストーリー的なものは一切無い。
ゲームをクリアするとデジタイズされたヌード写真が1枚見れるだけ。
そしてゲーム内容も、
もはやベーマガの投稿プログラム並のシンプルさだ。(^^;
宇宙企画のソフト全てに言える事だが、
7枚程度の荒いヌード画像を見るために7800円というのはどうなんだ?
早川愛美のヌード目当てならば、
写真集とかエロ本とかいくらでも買えただろう?(しかも鮮明な写真で)
ゲーム内容も7800円で遊ばせるレベルのものとは思えない。
ならばこのソフトのどこに価値を見出せばいいか…。
早川愛美のファンアイテムなのか?
ちなみに全ステージをクリアすると早川愛美のプロフィールを知る事が出来る。
…散々苦労させて褒美がこれかっ!

f:id:g16:20090326171926j:plain

▲こちらはエンディング画像。

 


~解体~

f:id:g16:20191123002329p:plain

テンキーの2468で4方向に移動。
スペースキーで拾った石を投げる。
ゲームは固定画面で構成されたトップビュー。
ヘビがウヨウヨしており、触れると即ゲームオーバー。
制限時間いっぱいまで逃げ切るとクリアだ。
画面内にテントがあり、この中に早川愛美がいるという設定だ。
このテントは焚き火でヘビから守られているのだが、
プレイヤーが焚き木を集めないと消えてしまう。
焚き木は時間で無くなっていくので、
尽きる前に画面内に落ちている焚き木を拾って補充するわけ。
これにより、どのタイミングで集めて、
どのタイミングで様子を見るか?といった駆け引きが楽しめる。
石を拾うとまっすぐ投げる事ができ、ヘビに当てると倒せる。
(ただしヘビはすぐ別の場所に出現する)
その他、一定時間無敵になれる“薬”
一定時間やぶの中を通過できる“鎌”などがある。
“服”のようなものも落ちているが、
これを取るとどんな効果があるのかは不明。
全7ステージで、ステージごとに形状と制限時間が変わる。
バグなのか仕様なのか定かでは無いが、透明なヘビが存在する。
歩いていると理由も無く死ぬ事がある(怒)。
これはほぼ予測不可能で、殺意が走るぜ。(コンティニューは無いし)

 

 

~MEMO~

・なんとジョイスティック対応(笑)
・早川愛美 1967年5月27日生まれ(ゲーム発売当時21歳)
・ゲーム発売当時、早川愛美と羽賀研二のスキャンダルあり(爆)