やっぱりセガが好き第18回「まじかる☆タルるートくん」

f:id:g16:20200518224722p:plain

まじかる☆タルるートくん
(セガ)
1992年4月24日/アクション/3880円

 

f:id:g16:20200518224757p:plain

のちに『ポケットモンスター』シリーズで大躍進する
ゲームフリークが開発したアクションゲーム。
アニメ化された少年ジャンプの人気漫画が原作である。

 

f:id:g16:20200518224838p:plain

ゲームを立ち上げると「タルるート」が登場し「セ~ガ~」としゃべる。
いきなりカワイイ。

 

f:id:g16:20200518224859p:plain

ゲームはサイドビュー。
主人公のタルるートを操作して進む。
ボタンはジャンプ、攻撃、魔法。
ライフ制で3回攻撃を食らうとミスとなってステージ中の区切りからやり直し。
たこ焼きを拾うとハートが1つ回復する。
コンティニュー3回を使い切ったら最初からやり直し。

 

f:id:g16:20200518224955p:plain

特定のオブジェクトを攻撃すると命を吹き込む事が出来る。
まあ、ほとんど前方に投げられるだけだけどw

 

f:id:g16:20200518225009p:plain

ジャンプ中に下+ジャンプボタンで滑空。
滑空中は座高が低くなるので、低い通路などをこれで潜ったりする。

 

f:id:g16:20200518225032p:plain

魔法はステージが進むごとに増えていき、
ポーズ中に切り替えられる。
「すけるるる~」・・少しの時間だけ無敵
「ミ~モ~ラ~」・・ミモラが登場して全体攻撃
「まっぷたつ!!」・・画面が真っ二つになって裂け目に触れた敵だけダメージ
という3つなのだが、
このゲームは通常攻撃でもパターンを覚えればクリア可能なので、
ほとんど魔法は頼りにしなかったな。
ボスなどでピンチになったら「ミ~モ~ラ~」を使うくらい。

 

f:id:g16:20200518225104p:plain

f:id:g16:20200518225108p:plain

f:id:g16:20200518225114p:plain

f:id:g16:20200518225117p:plain

f:id:g16:20200518225123p:plain

f:id:g16:20200518225128p:plain

f:id:g16:20200518225133p:plain

f:id:g16:20200518225137p:plain

f:id:g16:20200518225142p:plain

f:id:g16:20200518225148p:plain

f:id:g16:20200518225152p:plain

f:id:g16:20200518225156p:plain

f:id:g16:20200518225206p:plain

f:id:g16:20200518225216p:plain

f:id:g16:20200518225221p:plain

f:id:g16:20200518225226p:plain

f:id:g16:20200518225238p:plain

f:id:g16:20200518225243p:plain

f:id:g16:20200518225249p:plain

f:id:g16:20200518225254p:plain


全4ステージというコンパクトな作り。
パステル調で描かれたキャラクターはとても丁寧でカワイイ。
(ポケモンをデザインした杉森建さんの力が大きい)
タルるートはイキイキと動いているし、
TARAKO(アニメ版の声優)さんのボイスも効果的に使われている。

 

f:id:g16:20200518225432p:plain

 

STAFF CREDIT

DIRECTION
GAME DESIGN
GRAPHIC DESIGN
KEN SUGIMORI

PROGRAM
YUJI SHINGAI

MUSIC
SOUND EFFECTS
SOUND PROGRAM
JUNICHI MASUDA

GRAPHIC DESIGN
GAME DESIGN
ASSISTANT
AKIHITO TOMISAUA

GRAPHIC DESIGN
ASSISTANT
KAZUYO ISHIAI
KATSUKI MARUYAMA

SPECIAL THANKS
AKIHITO KORIYAMA
OFFICE GIA

PRODUCE
SATOSHI TAJIRI

GAME FREAK INC.

PRESENTED BY SAGA

 

f:id:g16:20200518225554p:plain


全体的に丁寧な仕事で、メガドライブにありがちな理不尽な難易度ではなく、
パターンを読めば通常アクションだけで切り抜けられる
ユーザーフレンドリーなレベルデザインがされている。
ヌルゲーマーの俺様でも当時エンディングまで到達できたタイトルである。

ステージボリュームの少なさは気になるものの、
当時6800円以上ばかりのメガドライブソフトの中で
3880円という低価格タイトルであった事を忘れてはならない。

ゲームフリークポケットモンスターの大成功後、
ポケモン以外の仕事をする事は長い間無くなってしまったが、
もしポケモンが無かったら、
本作のような良質ゲームが色々と生み出されていたのではと思うと、
複雑な気持ちになるな~。
(ポケモンによってゲーム業界がどれだけ向上したかを考えるとこれで正解だったが)