花王フロッピーディスクのオマケ

1991~1993年頃。
花王フロッピーディスクのオマケに
PC98向けゲームをつけて販売していた事があった。
記憶は定かではないが、
通常の10枚セットのフロッピーディスクと値段に差は無かったように思う。
つまりは無料でゲームが貰えたようなもので、
当時としては太っ腹な商品だったと思う。
とはいえ、それほどコストをかけられない事情からか、
ショートショートなタイトルが多く、
それほど大々的に取り上げられるようなものではなかった。
 
フェアリーテール製の『ROUTE246』というアドベンチャーゲーム
ぐらいしかプレイした記憶無いけど、
今からコンプリートを目指したら難易度高いだろうなァ・・。

f:id:g16:20191206234358j:plain


『Curse of Castle』というエルフ製のダンジョンRPGがあったり、
トップビューのレースゲーム『F1カーレースゲーム スリップストリーム』、
怪獣を操作する異色の縦シュー『怪獣王シューティングファイト』、
コンシューマですら珍しい相撲ゲーム『大相撲花王場所』があったり、
バラエティ豊かなオリジナルゲームが揃っているので、
歴史を語る上で無視できなかったりする。
(市販ゲームの体験版をつけたフロッピーディスクは他社からも出ていた)
 
調べたところ花王は2シリーズ発売しており、
花王リアルソフトパックシリーズ」
花王Withソフトシリーズ」が確認されている。
リアルソフトパックシリーズの方には
あのシンキングラビットの「ラスベガス連続殺人」もあった。
(「ラスベガス連続殺人」の88版はTAKERU専売タイトルである)

以下に確認できているラインナップを掲載しておく。

 

花王リアルソフトパック
02「倉庫番Select 30」(1991年/制作:シンキングラビット)
03「F1カーレースゲーム スリップストリーム」(1991年/制作:ビットタウン)
05「Curse of Castle」(1993年/制作:エルフ)
06「大相撲花王場所」(制作:ウエストサイド)
08「Jの悲劇 ラスベガス連続殺人」(1992年/制作:シンキングラビット)
12「パズルトピア(体験版)」
14「IDOL WORD μ(体験版)」
16「レミングス(体験版)」
??「花王ダービー」(1992年/制作:プログレス)
??「怪獣王シューティングファイト」

花王Withソフトシリーズ
01「モノクログラフィックス」
02「The_CARD3サンプル」
03「ディスクで学ぶシリーズ」
04「Z'sWORD_JG_Ver2.0」
05「Recalcサンプル」
06「Lotus-123_2.2Jサンプル」
07「CHART_UPサンプル」
09「花王フロッピー劇場ミステリー アドベンチャー ROUTE246」
     (1991年/制作:フェアリーテール)

11「ベストプレーベースボール(体験版)」
25「HECK CSIX3次元フライトシミュレーターPegasus Japan Corp.」
??「マスター・オブ・モンスターズⅡ」

※連番で抜けてる部分の情報を知っている方、投稿お願いします。