遠征してでも食べたいプレミアランチ(24)「兆徳」

プレミアランチ。
そこでしか食べられないオンリーワンなランチ。
そんな遠征してでも食べたいランチをご紹介。
 
今回の訪れたプレミアムランチは、本駒込「兆徳」

f:id:g16:20210620142707p:plain

ここは町中華の名店。
テレビ番組「情熱大陸」で店主の朱徳平さんが密着されていた。
身を粉にして休み無く絶品チャーハンを作る店主さんの姿を見て、
いつか食べてみたいと思っていた玉子チャーハンをついに味わう時がきた。
開店10分前に到着。
すでに10人以上の列が出来ている。
11時半の開店時間。第1巡目には入れず。
そこから30分過ぎても1巡目の客が誰も出てこない(^^;
回転の悪い店なのかなぁ・・。
40分後にやっと店内のカウンターに案内される。
俺様は名物の玉子チャーハン(大盛り)焼き餃子を注文。
カウンターのすぐ目の前では朱徳平さんがずっと餃子の餡を皮に詰めている。
興奮してきた。
チャーハンと餃子の他に「トマト玉子炒め」も気になっていたのだが、
夜のみのメニューという事であきらめていた。
俺様が料理を待っている間、隣の人が「トマト玉子炒め」食べてる!!
昼も頼めるんかーい!
そういうしているうちに玉子チャーハンがやってきた。

f:id:g16:20210620143254p:plain

玉子とネギのみで作られたシンプルな塩味のチャーハン。
それなのに、なんだろうこの甘味は・・。
次々と口に運びたくなる旨味。
余計な雑味の無い美しき完成度。

f:id:g16:20210620143549p:plain

シンプルな素材で美味いものを作るって凄い難しいように思えるんだよね。
それを成し遂げてるところに凄味があるなぁ。

f:id:g16:20210620143615p:plain

焼き餃子はまあ一般的な町中華の焼き餃子だね。
トマト玉子炒め食べたかった~・・。

 

店内でずっと奇声をあげてる子供がいたり、
列に並んでいる学生が次々と仲間を合流させたり、
民度の低さは残念だったな。