姫路に名城2つあり

姫路に来たら、やはり天下の名城と言われた「姫路城」を見ないわけにはいくまい。

その白い翼を広げたような姿は白鷺城とも呼ばれ、
世界遺産にも登録されている。
そんな姫路城をぐるっとまわってみよう。

さすがの姫路城。
日本に残る他の城と比べても格段に広い。
日本に生まれたら一度は訪れたい名城で間違いないぜ。
ところで姫路にはもう一つ訪れるべき城がある事をご存知かな?
それがこちらである。


このRPGを思わせるのは「白鳥城」
「太陽公園」というところに建っている謎の城である。
ここは一つ、中に潜入してみよう。


姫路の郊外に突然現れた西洋の城。
俺様は異次元の扉を開いてしまった、
とでも言うのだろうか?


なんかモンスターとか襲って来たーっ!

 


なんか飛び出てくるーーっ!

 


奥に進めば進むほど、謎は深まる。

 


どうやら人形の国へと迷い込んでいたようだ・・。
城を何とか抜け出して、この場から離れようと森の中を進むと、
そこには無数の石像が並ぶ謎の秘境であった。

地下に降りるとそこは記憶に知る光景。


そうだ!
ここは始皇帝陵に設けられた地下坑に並べられた
兵馬俑ではあるまいか!?
まさか中国まで時空を飛び越えてしまったというのか!?


外へ出るとそこには万里の長城が伸びていた。
間違いない。ここは中国だ!


中国にピラミッドあったっけ?

 


小便小僧の群れがケタケタと笑い声をあげる!
軽い眩暈とともに意識が遠のいていく。

 


目を開けると俺様は姫路城近くの
日本茶専門店で「ほうじ茶ソフトクリーム」を食べていた。
美味い。
ほうじ茶の香ばしさとミルクの甘さがとてもよく調和している。

 

ともかく姫路が神秘の土地である事はよくわかったぜ。