ラーメンはたまに食べるぐらいがちょうどいい(46)「鶏そば・つけそば ごろいち」

埼玉県の戸田駅でたまたま見つけた「鶏そば・つけそば ごろいち」

f:id:g16:20191113224903p:plain

「鶏そば・つけそば」というタイトルに魅了かれて店内へ。
俺様は魚粉系が強いラーメンがそれほど得意では無いので、
鶏で出汁をとったラーメンに目が無いのである。
どうやらここは店内で製麺している模様。
券売機を見るとラーメンとつけ麺があり、それぞれ醤油か塩が選べるとのこと。
神の予感。つけ麺の塩は一番好きなやつ。
俺様は「鶏つけそば」大盛り「ガーリック飯」なるものをつけた。
カウンターでチケットを渡してじっと待つ。
やがてつけ麺がやってくる。

f:id:g16:20191113225156p:plain

お皿には「100%埼玉県産小麦自家製麺と書かれている。
こういうセールスポイントを確実に伝えてくる姿勢は嫌いじゃない。
中太のストレート麺。
麺の上には鶏チャーシュー、半熟卵半分、メンマ、一枚海苔、三つ葉
スープの方には刻みネギがたっぷり浮いている。
スープに麺だけつけてすすってみる。
めちゃめちゃ美味いーーーっっ!!!
香ばしい鶏塩スープにチュルチュル麺が絡んで口の中をハッピーに彩る。
これだよ、俺様の求めている塩つけ麺は。
うわー、美味い。
鶏チャーシューも丁寧な仕事が入っている。
そして「ガーリック飯」もとんでもない逸品だった。

f:id:g16:20191113225334p:plain

ライスの上に刻まれた鶏チャーシューがのり、
その上に生ガーリックフライドガーリック
胡麻油で全体をまとめ上げたという恐るべきジャンキー飯!
悪魔的美味さっ!!
フライドガーリックの食感がまた食欲を進めるっ!
これと激ウマつけ麺を交互に食べる幸せのダブルタイフーン!!
最後の一口は海苔に巻いて放り込んだ。素晴らしい。

この店はまたすぐにでも食べたい。
醤油も味わってみたいし、ラーメンの方も確認する必要があるだろう。
ヨダレ出てきた。

 

 

【2019.12.14 追記】

前回は「つけめん」を食べたので、今回は「ラーメン」を試そう。
というわけで、今回注文したのは「チャーシュー濃厚鶏そば塩」「明太ごはん」

f:id:g16:20191214180850p:plain

盛り付けが華やかでインスタ映えするね。
スープが思ったより尖ってて強いから麺の風味が弱く感じるね。
この店は「つけめん」の方が良いのかも知れない。
「明太ごはん」は普通だったなぁ。

 

 

【2020.11.18 追記】

コロナ禍以降、戸田駅の「鶏そば・つけそば ごろいち」はずっと店を閉めていた。
そしてある日、店舗に張り紙が・・。
「この店は北戸田駅にある『全力とんこつ多万吉屋』に合流する」
・・と書かれていた。
だがあるとき、「鶏そば・つけそば ごろいち」の名前で
隣駅の戸田公園駅前に新店舗が出来たのを発見!

f:id:g16:20201118222354p:plain

移転なのか、スタッフが経営を受け継いだのか?
とにかく「ごろいち」という名前のつけ麺が復活してめでたい。

 

店内の券売機でメニューを吟味。
鶏そば、鶏白湯、鶏白湯つけそばという三種がグランドメニューで、
それぞれ塩と醤油が選べる。
サイドメニューのゴハンは、
ネギ味噌ごはん、岩のりとろろごはん、チャーシューごはん、白ごはん。
あとはトッピングがもろもろ。
残念ながら絶品の「ガーリック飯」は無かった。
今回は「鶏白湯つけそば塩」大盛「チャーシューごはん」を選択。

f:id:g16:20201118222729p:plain

つけ麺は変わらない美味さ!
食べ続けてるとぬるくなっちゃうのは宿命だけど、
それでもやはりウマウマ

f:id:g16:20201118222810p:plain

「チャーシューごはん」はもうちょっと工夫が必要かもな~。
物足りなかったので、つけ麺の汁を投入。

f:id:g16:20201118222837p:plain

鶏白湯おじやの出来上がり。
ウマウマ。

「ガーリック飯」復活を願う。